ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 9/7(月)

 ごきげんよう! 浅田カズラです。

 今年は昨今の情勢を受けて、オンライン開催となった「CEDEC2020」。様々なゲームなどの舞台裏が発表されていますが、その中のセッションのひとつに、先日「フルリモートで短編アニメを製作」という実証実験を発表した、「AniCast Maker」についてのセッションもあったとのことです。気になる内容が、PANORAさんにて掲載されていました。

panora.tokyo

 謎めいた存在だった「AniCast Maker」は、今年になって運用事例が誕生し、にわかに注目を浴びた期待のツール。その運用はどのようになっていたか、メリットはなにか、制約はなにか、といったところが赤裸々に語られていたようです。ジャズのセッション、あるいはアジャイル開発。ピンとくるたとえは人によって異なるかもしれませんが、ミニマムかつ機動力のある制作体制が、「演技できる3Dモデルの撮影」によって実現していることはたしかでしょう。アニメを描くというより、アニメを「撮影する」という手法が、アニメ制作の現場をどう変えていくか。数年スパンとなりそうですが動向の変化を注視していきたいですね。

 それでは、本日のバーチャル界隈ログへいってみましょう。

 

 

9/7(月)

PS4版『Minecraft』がPSVR完全対応へ

www.moguravr.com

 みんなだいすき『Minecraft』のPS4版が、なんとPlayStation VRに完全対応するとのことです。9月中のアップデートにて、PS4版へのパッチ対応によって解禁となるとのことです。これまで一応情報はあったものの、なかなか進捗が見られなかった「VR版マイクラ」が、ついにPS4にて遊べちゃいます。これは期待大です。

 

「クラフトボスHOT presents 推し事応援WEEK」開催。「推しプレゼン全国大会」の第1回のテーマはVTuberに決定

prtimes.jp

 サントリーの「クラフトボス」のキャンペーン「クラフトボスHOT presents 推し事応援WEEK」の開催が告知されました。寒い冬によく染みる温かいコーヒーになぞらえて、「推し」についてアツく語るHOTな姿を応援し、それを全国的に伝えるためのキャンペーンとのことです。

 11/4こと「いい推しの日」には、メインコンテンツたるWEB生配信「推しプレゼン全国大会」が開催。生放送で自分の推しについてアツくプレゼンするというこのイベントにて、第1回目となるテーマは「バーチャルYouTuber/Liver」。すなわち、自分の推しのVTuberについて合法的に大勢の前で熱弁し、大いに布教することができるまたとない機会です。ついでに出場者特典にはAmazonギフト5万円分が「軍資金」として贈呈されちゃいます。

 ちなみに、本企画はのちのち特別番組として日テレでも放送予定とのことで、ワンチャン全国ネットにも乗るかもしれません。この秋最もHOTなプレゼンテーターは、9/7~9/25にかけてエントリー開始となっています。

 

グリー、無料技術カンファレンス「GREE Tech Conference 2020」をオンライン開催

techcon.gree.jp

 グリーが無料の技術カンファレンス「GREE Tech Conference 2020」をオンライン上にて開催することを発表しました。22セッション、26名が登壇予定で、参加費はうれしいことに無料。YouTube上からも観覧することができそうです。グリーが手掛ける様々な事業、この界隈的にはREALITYまわりの技術について聴講できる絶好の機会。もともとグリーはこの手の技術事業はオープンにする傾向はありますが、カンファレンスまでオープンにしてくれるのは、人によってはなかなかに興味深いことでしょう。

 

ときのそら、お化粧(モデル)アップデート

www.youtube.com

 元祖・バーチャルアイドルのひとり、ホロライブのときのそらもついに活動3周年。この日、記念となるスタジオ生配信が実施されました。しばらくご無沙汰だったあん肝も顔を見せ、健在ぶりを披露してくれました。

 この配信にて、新しいお化粧……もとい、新3Dモデルが公開。これまで何度かモデルアップデートを実施してきた彼女ですが、今回は衣装の更新にとどまらず、顔の造形も含めて大幅なリファインが施されています。全体的に、現在イラスト全般を手がけるおるだん先生のデザインに近づき、モデル自体の精細さも現行ホロライブ3Dに匹敵するものに引き上がっています。髪の動きもものすごく高精細になり、表情もより多様になりました。

 配信中ではこれまでの足跡を振り返るコーナーも。いまや語り草となった「13人だけの生配信」から、幾度もアップデートを重ねて成長していくという、正統派ながらこの業界では実は事例の少ない道を歩んできたときのそら。元祖・清楚なバーチャルアイドルとして、今後も着実に歩みを進めてくれることでしょう。

 

今日見かけたVTuberデビュー情報

ディズニー公式チャンネルからVTuberが登場。V-Clanへの参加も表明

 

v-clan.jp

 YouTubeのディズニー公式チャンネルから、まさかのVTuberが登場です。

 9/10からオリジナル作品『バス停のヒロさん』の配信が決定し、この作中に「ヒロさん」と「クサカベくん」の2人の男性VTuberがデビューするとのことです。ヒロさんはディズニーが大好きな正体不明の男性で、クサカベくんは男子高校2年生。『バス停のヒロさん』は、この2人がバス停での待ち時間で愉快なトークを繰り広げる、シチュエーションコメディになるとのことです。

 そしてこの2名、日テレのVTuberネットワーク・V-Clanへ参加することまで表明しています。謎めいたニュービー(そしてディズニーの新規コンテンツ)ですが、V-Clanに所属したということは多角的な展開も想定済みということでしょう。ディズニーがバーチャルをどのように活用していくか、注目したいところです。