ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 11/16(月)

 ごきげんよう! 浅田カズラです。

 本日そこそこ話題豊富な一日だったはずなのですが、土壇場にやってきたものに個人的には全部持ってかれています。電音部、シブヤエリアの生放送に、0時ちょうどの各ソロ楽曲配信です(予告ですが、これは明日のログに載ることでしょう)。

www.youtube.com

 生放送は見どころ満載で、特にどういう心境で3人が「声優」「演技」という領域と向き合ったのかは、「VTuberと声のお仕事」について語る上でなかなか見逃せないところです。そして楽曲群が「ラスボスか?」と思うレベルで強い……早速トレンド入りもしているのですが、瀬戸海月 (CV:シスター・クレア)の『ペトリコールを渡って』が……マジで"いい"ので……みんなもぜひ聞いてくれ……

 というわけ今週も、バーチャル界隈ログの更新を始めていきましょう。

 

 

11/16(月)

Oculus Quest 2アップデート。90Hz解禁&Oculus Move提供開始

japanese.engadget.com

 Oculus Quest 2にアップデートが入り、ついに待望の90Hzモードが解禁となりました。

 ネイティブサポートが解禁されたことにより、全システム機能、そして各種アプリも90Hz対応に。「Best Saber」「SUPERHOT」が近々対応になるとのことです。さらに、Oculus Linkでも90Hzが解禁。よりリッチなVR体験がOculus Linkで味わえるようになります(なお、これによってOculus Linkはβ版が外れたとのことです)。

 また、フィットネス・トラッカー「Oculus Move」も追加されました。QuestとQuest 2で利用可能なシステムレベルのフィットネス・トラッカーで、連動対応するアプリを遊ぶことで消費カロリーが計算されていく、「遊んで運動」を体現する新機能です。こちらは段階的に提供が始まるとのことで、90Hzも含め、これからの応用が期待されるアップデートです。

 

にじさんじ Anniversary Festival 2021」出演ライバー&ライバー参加型企画情報公開

prtimes.jp

 にじさんじ3周年を記念する大型フェス「にじさんじ Anniversary Festival 2021」。破格の規模が発表当時話題になりましたが、本日はこのイベントの出演ライバーとライバー参加型企画情報が公開となりました。

 「学園祭」をテーマとした様々な企画が目白押しで、メインステージでは計6ステージを全編3Dでお届けされるとのことです。出演者も発表となっており、その中にはまだ3Dになっていない面々も。これはつまり……そういうことみたいですね!

 このほか、各企画も概要が発表されており、なかには出演者が日ごとに変わるものも。過去最大規模のにじさんじの学園祭は、2/27~2/28に開催予定です。

 

ZERO Project、二期生募集開始

vtub0.com

 v-tuber ZEROより生まれたバーチャルタレントプロダクション「ZERO Project」にて、第二期生の募集が発表されました。第一弾キャラクターのビジュアルとオーディションページが公開となっています。募集枠は今後も順次公開されていくとのことで、最終的にどのくらい増えるのかは気になるところ。設立より1年以上経ち、独自のポジションを築いてきたぜろぷろも、いよいよ拡大へと転じていきそうです。

 

湘南乃風、「REALITY Live Stage」採用のバーチャルライブを初開催へ

corp.gree.net

 いまさら説明不要なレベルなボーカルグループ・湘南乃風が、初のバーチャルライブ「湘南乃風 風伝説番外編~電脳空間伝説 2020~Supported by 龍が如く」を開催することを発表しました。

 本ライブには、今年提供が始まった、REALITY株式会社のバーチャルライブ制作プラットフォーム「REALITY Live Stage」が採用されているとのこと。これまでもいくつか活用事例が登場していますが、その中でも特に大きな採用例となりそうです。

 そしてこのライブ、タイトルのとおり「龍が如く」シリーズとのコラボでもあります。4人をそのまま龍が如くクオリティのリアル寄り3Dモデルにした『一番歌』のPVがあるのですが、これをさらに発展させたようなライブになることがプレスからうかがえます。セガも全面協力するというこのライブは、12/20に開催予定です。

 

「第62回朝日新聞社競輪祭 G1」の応援キャンペーンにVTuberが登場

www.moguravr.com

 そして、VTuberのスポーツ案件への起用例がまたひとつ。「第62回朝日新聞社競輪祭 G1」の開催に合わせ、VTuberたちが登場する応援キャンペーン「みんなで応援キャンペーン」の開催が告知されました。

 結目ユイ、かしこまり、銀河アリスの3名が、競輪初心者の人でも楽しめる動画コンテンツを動画投稿し、さらに競輪祭にも生放送で参加するとのこと。どりあんず平井氏と橋本悠督氏によるオンライン予想会に、3日間に分けて各人が出演予定となっています。

 競馬に続いて競輪と、公営賭博でもある競技への参入が続くVTuber業界。今回はなかなか意外なメンツがピックされているところから、VTuberの起用が本格化している可能性がありますね。