ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 11/3(土)〜11/4(日)

 浅田カズラです。2泊3日の宇都宮旅行を終え、エンパイアクラブに帰還しました。いや〜食ったね、餃子! 冗談抜きで3食とも餃子になったりしましたよ。それ以外はアルコールだ!

 で、この土日に訪れたパルボナちゃんのお宅で、買いたてのVT-4をさわらせてもらったのですが、これがまぁなかなか便利だけど難しい。話こそ聞いていましたが、「この機材一つで誰もが全て解決するわけではない」というのは拭えない事実です。ボイチェン適性はたしかに存在し、その適性値は両声類トレーニングによって若干向上する。そう、バ美肉とは筋肉なんです。

 ループバックも聞けて、なにより遅延なしは間違いなくメリットですが、マグロナちゃんの言うとおり「まずは恋声で確認」が最善手です。

 ……しかし、その技術的な若干のハードルも、もう少しで超えそうな予感がするのは、なんででしょうね……

 というわけで、この土日のバーチャル界隈のログ、出力していきましょう。例によって日曜日は平和でした。しかし、おじさんと名取のために東洋大学に人がたくさん集まったらしいですね。やっぱおじさんってすげえや。

 

 

11/3(土)

ニコニコ超パーティー2018」開催

cho-animedia.jp

 VTuberが多数ゲスト出演することでも話題となった、「ニコニコ超パーティー2018」がこの日開催されました。

 タイムラインには中継視聴者からの感想も続々と流れていました。総合的に見て、絶賛の嵐。多くの出演VTuberにとって、「アリーナで歌う」という一大イベントは、まさにシンデレラストーリーそのものでしょう。

 裏番組のぽこピー裏実況も好評だった様子。のら様、ウカ様、もちひよこちゃんも顔を出し、こちらもかなりわちゃわちゃにぎやかな配信だったようです。

 多くのVTuberたちにとっての晴れ舞台は、大成功のうちに幕を閉じた、といってよいと思います。

 

アズマリム、オリジナルソング『人類みなセンパイ!』配信開始

www.moguravr.com

 RAGEでお披露目されて話題となった、アズマリム初のオリジナルソング『人類みなセンパイ!』が、各プラットフォームで配信開始となりました。

 アズリム要素がこれでもかと凝縮されたすんげぇかわいい一曲です。みんなも聞いておつおつおーってなりましょう。

 また、同じ日にオリジナル「センパイ専用パーカー」の受注販売も開始されました。センパイ風を吹かせたい全国のセンパイ方にはマストアイテムです。

 

あにまーれ公式グッズ、11/5から先行販売開始

vtub0.com

 Vakatuber決定戦でお披露目となった、あにまーれ公式グッズについての続報です。

 11/5の20時より、公式グッズの先行販売が数量限定で実施されるとのことです。この先行販売では全てセット販売となり、おまけのステッカーも付与される模様です。

 ラインナップは予告どおり、アクリルスタンド、アクリルキーホルダー、缶バッジの3種。いつもの5人に加え、黒猫ななしもラインナップに加わっているのがニクいです。

 

キズナアイ9週連続リリース記念「歌ってみた・踊ってみた投稿フェス」開始

2018hello.world

 金曜日に3曲目をリリースし、このあとの6週にも全て楽曲リリースを控えているキズナアイが、この流れをさらに盛り上げるための企画を用意してきました。

 その名も「歌ってみた・踊ってみた投稿フェス」。各楽曲のバックミュージックを上記サイトよりダウンロードし、歌うもよし、踊るもよし、リミックスするもよし。とにかく自由に表現した作品を投稿してくれ!的なお祭りです。

 「upd8賞」に選ばれたものはキズナアイとのコラボ動画作成もあるとのこと。「みんなと一緒にブチ上がりたい」という思いから始まったこの企画、いったいどのようにアガっていくのでしょうか。

 

この土日に見かけたVTuberデビュー情報

クックパッドたん、VTuberデビュー!?

www.youtube.com

 クックパッドたん。その名の通り、クックパッドの公式キャラ、もといアカウントのような存在。クックパッドの宣伝活動をするかたわら、最近はアカウントそれ自体がVのオタクと化しているという、ちょっと変わった立ち位置にいるアカウントでした*1

 そんなクックパッドたんが、11/3に突如として動画投稿。なんとVTuberデビューすることを明らかにしました。「お料理の妖精」を名乗る彼女。どんな活動を展開していくのか……VTuberファンでもありそうな企業公式VTuberとして、今後の動向から目が離せません。

*1:なにせよく生配信にもしょっちゅう顔を出しているのだから「ちょっと好き」ではとどまっていないレベル