ぶいぶいているろぐ

xR、VTuber、メタバースに関する業界情報を記録する、データベース系ブログ。

MENU

バーチャル界隈ログ 1/20(水)

 

VTuber

新設VTuberプロジェクト「ウェェェイ学園」

www.atpress.ne.jp

Point
  • 株式会社RIoT Productsが、次世代VTuberプロジェクト「ウェェェイ学園」を1/12より始動。
  • オーディション開始は3月を予定。
Tips

 運営会社を調べてみましたが、CG制作、アプリケーション/WEBサービス開発、動画制作/生配信スタジオ運営を主な事業とする会社のようです。

 

VR

「バーチャル丸の内」がオープンへ

prtimes.jp

Point
  • 三菱地所株式会社とクラスター株式会社が、丸の内をバーチャル空間上に再現した「バーチャル丸の内」をオープンすることを発表。clusterにて、2/21より公開。
  • 新しいまちの在り方を提案・検証するべく、丸の内ビル1階のイベントスペース「マルキューブ」を再現。映像配信が可能なイベントステージを設置。
  • 2/21は「よしもと有楽町シアター」と共同で「バーチャル丸の内フェス」を開催予定。リアルとバーチャル双方で開催。

 

VR特化の国際映画祭「Beyond the Frame Festival」がオンラインで開催へ

www.moguravr.com

Point
  • VR特化の国際映画祭「Beyond the Frame Festival」が、2/12~2/21にかけてオンラインで開催へ。
  • ノミネート作品はVRプラットフォーム「VIVEPORT」と「VeeR」で上映されるとのこと。作品上映と関連イベントは、日本語・英語の同時通訳対応。
  • 映画祭のナビゲーターを届木ウカ氏、審査員を映画監督の園子温氏、作家の大宮エリー氏、株式会社スピーディ社長・福田淳氏が担当。

 

カスタムキャスト』が「キャラコード機能」を追加

Point
  • アバター作成アプリ『カスタムキャスト』がアップデート。キャラのカスタマイズ情報をQRコードで入力/出力できる「キャラコード」機能が追加。
  • QRコードを用いて、機種変更の際にキャラの引き継ぎを実施したり、SNSなどで他人をキャラを共有する、といったことが可能に。

 

KORG、音楽制作アプリ「KORG Gadget」をVR

www.itmedia.co.jp

Point
  • KORGの電子楽器の統合ソフト「KORG Gadget」が、「KORG Gadget VR」としてVR化。仮想的な電子楽器を、VR空間上で「実際に演奏」することで、音楽制作を行えるとのこと。
  • Oculus Quest 2に対応し、ハンドトラッキングに対応しているものと思われる。
  • 音楽メディア・Matrixsynthの動画公開にて判明。2021年中にリリースと報じている。

 

コロナ禍で留学を断念した学生100人に、バーチャル留学3ヶ月を届けるクラウドファンディングが開始

camp-fire.jp

Point
  • 株式会社Compass PioneeringとNESグローバルが、「#コロナで留学を止めない」をキーワードに、新型コロナウイルスの影響で留学を断念した学生100名に、バーチャル留学3ヶ月を届けるためのクラウドファンディングを開始。
  • 5,000円支援が集まるごとに、留学断念者1名がバーチャル留学1ヶ月分を無料体験できる仕組み。現在の参加希望は60人で、900,000円の支援が足りていない状況。
  • バーチャル留学には、アバターを使って英会話レッスンをしたり、世界中の英語学習者とワンタップで繋がることができる世界初の英語サービス・NES-fondi Englishが活用。
Tips

 クラウドファンディングのページ内では他の英語事業者への協力を呼びかけており、NES-fondi Englishの利用も原価ギリギリの5,000円で提供するとのことです。学生のためを思った事業であると同時に、まさにいまの時代に求められているバーチャルの活用法のひとつです。

 

音楽

理芽『法螺話 (with Guiano)』リリース

lnk.to

Point
  • KAMITSUBAKI STUDIO所属のバーチャルシンガー・理芽の新曲。
  • 同レーベル所属のアーティスト・Guianoが楽曲提供。同氏の楽曲提供は、昨年4月にリリースした「透過夏 (feat. 理芽)」以来2度目。

 

リクルート情報

カバー株式会社:新サービスの立ち上げ人材募集

note.com

Point
  • 同社代表取締役・谷郷元昭氏のnoteにて告知。
  • 「二次元キャラクターとしてオンライン上で生活できるサービス」「いわゆるメタバースと呼ばれる領域で、ホロライブの所属タレントが出演するバーチャルライブやオンラインゲーム」というベクトルの新サービスの立ち上げを今年行うとのこと。
  • この新サービスの立ち上げに携わる、ディレクター、エンジニア、テクニカルアーティスト、3DCGモデラーが募集。
Tips

 1/6に取り上げた、テクニカルアーティストとエンジニアの募集と重複します。やはり新しい事業の立ち上げが計画されていました。noteの記事には、3D空間にポツンと立つ天音かなた……の3Dモデルが映る画像も掲載されており、プロトタイプはできているのかもしれません。方向性としては、ホロライブファン向けのファンコミュニティ兼メタバース、といったところでしょうか。