ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 8/28(金)

 ごきげんよう! 浅田カズラです。

 みなさ~ん!今日、なんの日だったかわかりますか? そう、「月末の金曜日」。僕は完全に忘れていました。この日が一番ニュースが降ってくると……!

 というわけで、本日のバーチャル界隈ログ、内容てんこもりでお送りいたします。なんて日だ!

 

 

8/28(金)

夜見れな、3D化

www.youtube.com

 今週もにじさんじ3Dがやってきました。この日は、SMC組の一人で、アイドルマジシャンを名乗る配信おばけ、夜見れなが3D化を果たしました。

 彼女の特徴といえば、非常に情報量の多いデザイン。服から髪の毛に至るまで細かく彩られたアイドルマジシャンの姿ですが、これがおどろくほど精巧に立体化されています。そのクオリティは、業界きっての3Dモデルレベルを誇るホロライブにも迫るでしょう。にじさんじ3Dの進化を感じさせます。

 お披露目配信は、各種ステージマジックの披露でついにアイドルマジシャンの肩書を証明しつつ、まさかのにじさんじレジスタンスたる花畑チャイカと椎名唯華が駆けつけ、全編に渡ってにぎやかに盛り上げてくれました。ラスト10分のライブパートでは「サイリウムチェンジ」によって全身鮮やかに輝かせる「マジック」を披露しつつ、アイドルらしさ全開のステージを見せてくれました。これには名取さなさんも大号泣

 

「Life Like a Live!」、追加出演者発表。総勢67名出演に

www.moguravr.com

 えのぐ、まりなす(仮)、GEMS COMPANY、Palette Project、ReVdol!、の5つのバーチャルアイドルグループが結集する、オンラインライブフェス「Life Like a Live!」から、新たな追加出演者の発表がありました。

 本日発表があったのは、アイドル部、にじさんじ、イノナカミュージックからの追加出演者。ここにすでに発表されている追加出演者が何人も存在します。以下に列記していくと……

■新規追加出演者
  • アイドル部:花京院ちえり、八重沢なとり、もこ田めめめ
  • にじさんじ:ドーラ
  • イノナカミュージック:AZKi
■発表済み追加出演者
  • Microphone Soul Spinners(言霊少女プロジェクト):向田らいむ、川端ひまわり、与謝野詩歌、ヴィルヌーブ千愛梨
  • RabbyTwins(言霊少女プロジェクト):大江いぶき、大江ふぶき
  • あにまーれ:日ノ隈らん、因幡はねる、宗谷いちか
  • ブイアパ:杏戸ゆげ、希咲あんこ
  • 日本烈島:舞鶴よかと、根間うい、大蔦エル、せんのいのり
■メインステージ出演権獲得イベント枠
  • REALITY:HACHI、天使リリエル
  • SHOWROOM:結目ユイ、水瀬しあ
  • ミクチャ:ユイF-022、月宮雫

 ということに。その総数、なんと20組、67名。参加者の規模でも質でも、一大フェスと呼ぶにふさわしいものになってきました。さらにまだ未公開の出演者がいるらしく、そちらは9月上旬に発表とのことです。

 

TOKYO IDOL FESTIVAL オンライン2020「バーチャルTIF」出演者発表

www.idolfes.com

 昨年はえのぐがバーチャルアイドルながら出演していた、世界最大のアイドルフェスティバル「TOKYO IDOL FESTIVAL」。今年は全面的にオンライン開催へと切り替えて「TOKYO IDOL FESTIVAL オンライン2020」へと名を改めていますが、その一角にバーチャルアイドルの部門「バーチャルTIF」が用意されていました。

 こちらの出演者も本日発表。代表格としてホロライブプロダクションより、ときのそら、AZKi、夏色まつりの3名が紹介され、さらにときのそらはバーチャルTIFのMCを務めることも発表。このほかに、犬山たまき、えのぐ、神楽めあ、ガチ恋ぽんぽこ、銀河アリス、GEMS COMPANY、花鋏キョウ、ハニーストラップ、星乃めあ、が出演者として発表されています。

 さらに、このイベントへ出演権を賭けたオーディションイベントSHOWROOMにて開催中となっています。世界最大のアイドルフェスに、今年はバーチャルアイドルが本格参戦。バーチャルなアイドルたちにも注目が集まっていることがうかがえます。

 

にじさんじトークバラエティイベント「Talk aVout!!」開催

event.nijisanji.app

 にじさんじがシンプルなイベントを用意してきました。トークバラエティイベント「Talk aVout!!」です。

 初回であるvol.1は11/1、ベルサール飯田橋ファーストにて開催。昼の部は轟京子、社築、シスター・クレア、夜の部はエリー・コニファー、ニュイ・ソシエール、奈羅花と、それぞれ3名ずつの出演になっています。イベント内容はステージイベントのみならず、1対1で話すことができるブースまで設置されるとのことです。

 vol.1と書いてあることから、これは今後も定期開催が期待できる可能性があります。にじさんじライバーと比較的近い距離で触れ合える定期開催イベントは、地味ながら求められていそうです。

 

アキラボ、VTuberご当地鉄道バラエティ番組「木曜日のとりっぷ!」配信決定

 株式会社BitStarが運営する「Akihabara Lab」ことアキラボが、所属するVTuberを総動員した初の「箱番組」を発表しました。

 番組名は「木曜日のとりっぷ!」。ご当地鉄道バラエティ番組で、視聴者写真募集企画やVTuber募集企画も用意されているとのことです。早速、視聴者からのご当地写真の募集が始まっています。

  出演者はおさナズ、七瀬タク、リオネル・エレオノール・ド・シィアニア、朝宮ゆり、胡蝶由芽、小鳥遊酔の6名が、週替りで出演。9/10の初回放送では6名全員が出演するとのことです。技術力に定評のあるアキラボだけに、リアルのご当地を取り上げるこの番組のつくりには期待ができるでしょう。

 

ミクチャにて、VTuberオリジナル番組「Virtual Night Bar in ミクチャ」が配信決定

prtimes.jp

 株式会社Donutsが提供するライブ配信プラットフォーム・ミクチャにて、VTuberオリジナル番組「Virtual Night Bar in ミクチャ」の配信が決定しました。

 番組の内容は、バーのマスターであるVTuberボヤッキーとゲストのVTuberが、トークやら企画やらを繰り広げるバラエティとなっています。日テレのVTuberネットワーク・V-Clanのメンバーが多く登場する、同ネットワーク系列の案件と思われます。

 初回配信は8/29の20:00より。朝ノ瑠璃と大蔦エルがゲストとして出演予定となっています。

 

ディライトワークス 新作スマホRPG「日本、奪還。」プロジェクト公式応援大使に白上フブキが就任

 『Fate/Grand Order』の開発元として知られるディライトワークスが、新作のスマホRPG「日本、奪還。」プロジェクトを発表しました。ゲームの詳細はまだ不明ですが、どことなく和テイストとSFが香る新作と思われます。

 こちらの新作の公式応援大使に、VTuber業界随一のソシャゲ好きである白上フブキが就任することが発表されました。9/2の19:30より、彼女のチャンネルにて「公式応援大使就任会見」が配信予定となっています。その30分後には、本作の発表会生配信が予定されており、流れるようなリレーによる新作プロモーションが企画されています。

 こうした運用もまたVTuberの強みですね。そして白上さんは本作にいくらつぎ込むことになるのでしょうか……

 

MonsterZ MATE、2ndアルバム『255』10/28発売決定

www.universal-music.co.jp

 メイトー! MonsterZ MATEの2ndメジャーアルバム『255』が、10/28に発売されることが発表されました。

 収録曲は、配信シングル4曲、YouTubeで公開済み楽曲、新曲にソロ曲も含めた、全14曲。初回限定盤も豪華で、「初回限定盤A」には収録楽曲のMVと「ミュージックビデオ制作秘話」座談会映像のBlu-rayが、「初回限定盤B」には2周年記念ワンマンライブ「MonsterZ MATE 2nd Anniversary LIVE -Flags-」音声解説付きライブ映像が収録されたBlu-rayが付属するとのことです。しかし「通常盤」にも限定のボーナストラックがおさめられており、初回限定だからって損するわけじゃない粋なはからいがうかがえます。

 アルバムタイトルの「255」は、2進数において8桁(8bit)で表現できる数の上限で、RPGなどではステータスの最高値に設定されることが多い数値です。すなわち、このアルバムこそいまのMZMの最高値。次のステージへ進むための、現時点の集大成ともいえる一枚……ということになるでしょうか。

 

VARK、Android版がリリース

 VRライブプラットフォーム・VARKが、Androidにも対応しました。Android版が本日よりリリースとなっています。

 まだ開発途上とのことで、機能的にはスマホVRには非対応ながら、VR版と同様に最前列からライブに参加することができるとのことです。現時点では、「アメノセイ Music Theater IN VARK LIVE#06」のみチケットの購入と参加が可能とのことです。

 先日、OculusからWEB上でのチケット販売を差し止め指示を受け、8/31にWEB販売を停止することになるトラブルに見舞われているVARKですが、今回スマホ展開が始まることで、新たな動きにも意欲的であることがうかがえます。なお、iOS版も開発中とのことで、Android版ともどもの完全リリースは9月中旬~下旬に予定されています。

 

モイ株式会社、1枚絵から顔アニメーションを自動生成できるアプリ「ツイキャス Vメイカー」をリリース

about.moi.st

 6月アバター通話SNS「パルミン」をリリースした、ツイキャスの運営会社・モイ株式会社から、1枚絵から顔アニメーションを自動生成できるアプリ「ツイキャス Vメイカー」がリリースされました。まずはAndorid版が先行リリースされていて、iOS版は現在開発中とのことです。

 ざっくりいえば、Live2D設定不要で2DVTuberに近いものになれるアプリ。すでにリニューアルしたIRIAMのように、イラスト1枚あればOKというようなシロモノです。動画を見る限り、ヌルヌルな動きはさすがに厳しそうですが、軽く配信する分には十分そうな感じです。

 こちらのアプリで作成したアバターを、「ツイキャス・ライブ」や「ツイキャス・ゲームズ」と連動することで、スマホ一台でお手軽なバーチャル配信が可能となります。2DVTuberに「手軽に」なりたいという需要を満たすような市場が、今年は生まれつつあります。

 

シスター・プリンセス20周年プロジェクトから、衛と亞里亞VTuberデビューと、妹5人のバーチャルライブ開催に向けたクラウドファンディングが開始へ

gs.dengeki.com

 シスター・プリンセスの妹たちがバーチャルの世界にやってきてしばらく経ち、現在は3人の妹がVTuberとしてデビュー済みとなっています。

 そしてこの日、スポーツが大好きでボーイッシュな衛と、フランス育ちで甘いお菓子が好きな亞里亞の2人の妹のVTuberデビュー、および、可憐・咲耶・花穂・衛・亞里亞によるバーチャルライブ開催に向けた、クラウドファンディングの開始が告知されました。ついに妹たちが5人。そしてバーチャルライブ。歴戦のお兄ちゃんに支えられたシスプリの勢いは留まるところを知りません……! もろもろの詳細は、後日発表とのことです。