ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 1/14(木)

 

VTuber

テレビ朝日「BREAK OUT」にて、VTuber特集が放映へ

Point
  • 1/20放送予定回にて、VTuberを特集。
  • 紹介VTuberはアーティスト特化か。公式サイトには花譜、羽子田チカ、BOOGEY VOXX、somunia、MonsterZ Mateが掲載。
  • 業界の専門家による解説も交えて紹介。さらに、MonsterZ Mateへの独占インタビューも。
Tips

 「BREAK OUT」はMonsterZ MATE『255』を10月のED曲に起用したことでも話題になった音楽番組。それゆえに音楽系VTuberに大きくフォーカスするのは必然とも言えるでしょう。「業界の専門家」にはPANORAの広田さんの姿も確認でき、番組としてはなかなか熱の入ったものになっていそうな予感です。

 

バーチャルさんな話題

八木侑紀、期間限定でREALITYにて配信実施へ

Point
  • 声優の八木侑紀が、REALITYにて初配信を実施。今後も期間限定で実施するとのこと。
  • 「今は期間限定配信なのですが、 色んな方に見ていただけるとレギュラーになるかも…??」
Tips

 昨年11月に活動終了した虹河ラキの担当声優だった八木侑紀が、REALITYにてバーチャルさんとして期間限定で復活……もとい、あらためてのデビューですかね! 直近の配信予定は、1/20の22:30、1/23の20:00、1/27の20:00、となっています。

 

VR

HTC、2021年中にVR/AR両対応デバイスを発表か

uploadvr.com

Point
  • HTC社が、2021年中にVRとARに両対応した「オールインツー」なデバイスを発表すると、UploadVRが報じた。
Tips

 「Project Proton」と報じられているものである可能性があります。オールインツーとは、ヘッドセットとスマートフォンなどのデバイスをケーブルで繋ぐことで動作させる方式。その構造上、軽量になり得るという特性があり、これを実現するためには強力な5G対応端末が必要である……というコメントも。はたして今年のXRデバイスはどのような方向へ進化するのか……

 

スクリーンドア現象の解決に関する研究

www.moguravr.com

Point
  • Facebook Reality Labsとアリゾナ大学が、「スクリーンドア現象(ディスプレイに網目模様が見える現象)」の解決策に関する研究結果を発表。
  • 「ディスプレイを高速かつ細かに動かし、隣り合うピクセルピクセル間の隙間を埋める」というアプローチが提案。ディスプレイが揺れても、十分速い動きであればイメージが固定されて見える、という技術研究結果も存在。

 

NTTドコモ、3Dアバターを用いた遠隔会議システムの実証実験開始へ

panora.tokyo

Point
  • 3Dアバターとなって仮想ミーティングルームへ参加できる「XRテレプレゼンスミーティング」の実証実験を1月末から開始へ。
  • 顔写真一枚からアバターを生成し、VRバイスおよびMRデバイスを用いた身振り手振りも付与して遠隔地の人間と会議を行うことが可能とのこと。
  • 使用デバイスはOculus Quest、およびMagic Leap。両機種の混合運用も可能。
Tips

 Magic Leap 1は昨年6月からNTTドコモが国内販売の窓口となって販売しています。自社開発サービスにも対応して実証実験を行うあたり、NTTドコモが同機を強くプッシュしていきたいことがうかがえます。

 

NTTドコモ、XR専用撮影スタジオ「docomo XR Studio」を開設

panora.tokyo

Point
  • お台場のテレコムセンタービルに開設。
  • 撮影画像から 3D 空間を再構成する「Volumetric Video」撮影装置が設置。全方位から動画として撮影したものをもとに、被写体の動きを高精度にデジタル化することが可能とのこと。すでにスポーツやMVなどのエンタメ領域にて活用されている技術。
  • 設置されているのは「TetaVi Studio」。グリーンバック不要でVolumetric Videoを撮影できるというシロモノ。この他にも設置予定あり。

 

イベント

ミッキーマウス展」がバーチャル会場にて無料公開

mtob.exhibit.jp

Point
  • 六本木の森アーツセンターギャラリーで開催されていた「ミッキーマウス展 THE TRUE ORIGINAL & BEYOND」が、公式サイトにてバーチャル会場として無料公開(映像作品を除く)。「東京以外への巡回を希望する声が多かった」ため。
  • PC、スマホ両対応。VRヘッドセットのブラウザからも閲覧可能。
  • 会場内の公式ショップも見ることができ、一部ミッキーマウス展限定グッズの購入も可能。

 

「にじめぐり。大阪編」がリリース中止。⼤阪編の⼀括ダウンロード版を販売へ

Point
  • 昨年11月開催だったものの延期となっていた「にじめぐり。大阪編」が、COVID-19の感染状況を鑑みて、リリース中止に。
  • かわりに、⼤阪編の⼀括ダウンロード版(全開放スイッチ)を、1/15〜1/31までアプリ内にて販売へ。現地に行かなくとも楽しめるように。
Tips

 大阪は特に感染状況が悪化しているため、これはやむを得ない判断……しかし代わりに「機能開放スイッチ」を提供することでコンテンツを生かすことができたのは、不幸中の幸いだったかもしれません。

 

音楽

hololive IDOL PROJECT『Candy-Go-Round』リリース

hip.streamlink.to

Point
  • hololive IDOL PROJECT 9週連続リリース第4弾。ロボ子さん、夜空メル、アキ・ローゼンタール、湊あくあ、不知火フレアの5名が参加。
  • ポップでキュートでエレクトリニックなアイドルソング
  • 作詞は高瀬愛虹、作曲はDevin Kinoshita、編曲は河合泰志(Arte Refact)。

 

グッズ情報

にじさんじお食事グッズ2021&にじさんじエコバッグ

prtimes.jp

Point
  • にじさんじお食事グッズ2021:伏見ガク仕様のお茶碗とお箸、卯月コウ/葛葉/魔界ノりりむ仕様のプレート&フォークセット、舞元啓介/三枝明那仕様のラーメン丼&れんげセット、およびそれぞれの仕様のグラス。
  • にじさんじエコバッグ:星川サラ、文野環、社築、にじさんじ、の4モデル。
Tips

 普段使いできそうな実用性の高いグッズ。デザインもやわらかくキュートで、日常生活でも問題なく使えるかも……?

 

VTuberに関わりそうなニュース

ドラゴンクエスト』シリーズ、個人配信者の収益化を許可

www.dragonquest.jp

Point
Tips

 シリーズのファンも多いであろうドラクエが、一気に個人配信者への門戸を開きました。1/6にはカプコンが類似する対応を行ったばかりで、ゲーム業界の配信収益化への態度が一気に軟化の動きを見せています。