ぶいぶいているろぐ

xR、VTuber、メタバースに関する業界情報を記録する、データベース系ブログ。

MENU

バーチャル界隈ログ 12/26(土)~12/28(日)

 ごきげんよう! 浅田カズラです。

 Twitterでもお知らせしたのですが、本ブログの年末年始の更新スパンを、今年は以下のようにしたいと思います。

  • 12/26~12/28
  • 12/29~12/31
  • 1/1~1/3

 ざっくり、年末9日間を3分割するような感じです。僕自身も年末年始をゆっくり過ごしつつ、なんとなく年末年始は「ビッグなニュース」がセットになって来そうな気がしているので、いい具合に分散して取り上げようというプランです。ということである程度のまとまった更新となるので、ご認識いただければ幸いです。

 そしてすでに最初の3日間でなかなか大きなニュースが確認されていますね! いろいろ大変だった2020年もいよいよ大詰め。その準備期間ともいえた、12/26~12/28のバーチャル界隈ログのできごとをまとめていきます。

 

 

12/26(土)

ホロライブ、年末特番「年末ホロライブ ~ゆくホロくるホロ2020~」を配信

prtimes.jp

 ホロライブも昨年に続き、年末特番を実施することになりました。12/31から1/1にかけ、年末特番「年末ホロライブ ~ゆくホロくるホロ2020~」が配信されることが発表されました。

 「撮れ高大賞」「ホロクイズ」が昨年に続き実施されるほか、 「年末年始にまつわる新たな仕掛けを盛り込んだ企画」も盛り込まれているらしく……? 年越しの瞬間にはホロライブ所属タレントが勢揃いするとのことで、ホロライブのファンにとっての年越し会場となることは今年も必至です。

 

天開司、オリジナルアルバム制作のためクラウドファンディング実施へ

 いまや男性個人勢筆頭ともいえる一人・天開司が、オリジナルアルバムを制作するためのクラウドファンディングを開始しました。

 代表曲『HOWL』を作詞作曲した塚田貴大氏と、あの『青春アミーゴ』を手掛けたzopp氏から楽曲提供を受けたアルバムを作成するとのことで、なんとzopp氏側(株式会社ザザ)からのオファーとのこと。収録曲は全8曲となり、本CFのリターンはこのアルバムの限定生産盤やグッズなどになります。

 すでに目標金額の1000万円は達成しており、このあとは新3Dモデル、そして完全オンライン3Dライブなどがストレッチゴールとして設置されています。バーチャル債務者・天開司が、アーティストとしての道を着実に進み始めています・・・!

 

名取、リベンジ!「さなのばくたん。-ていねいなお誕生日会- Powered by mouse」開催決定

bakutan.natorisana.com

 今年、惜しくもCOVID-19の影響によって開催中止となってしまった、名取さなの誕生日イベント。あれから1年経つ2021年の3/7、リベンジの時がきました。今度こそ!初のソロ生誕祭イベント「さなのばくたん。-ていねいなお誕生日会- Powered by mouse」が開催決定となりました。

 今回は川崎チネチッタが会場となり、さらに同時にオンライン配信も予定されています。幻となった2020年の生誕イベントと同様、彼女の誕生日を祝い、そしてライブも計画されています。物販のラインナップも同時に発表されています。

 さらに、やしきん氏書き下ろしの『エッビーナースデイ』の制作も発表され、本イベントにてお披露目が予定されています。1年越しのリベンジ生誕祭、願わくば大成功を……!

 

.LIVEから新人3名デビュー決定

www.youtube.com

 長らく電脳少女シロとアイドル部、そしてメリーミルク(あと、ばあちゃる)で所属タレントが変わってこなかった.LIVEに、ついに新しい風が吹き込んできました。新メンバー、3名が加入です。

 リクム、ルルン・ルルリカ、七星みりり、の3名が新規所属VTuberとして、1/3にデビュー配信が実施されるとのことです。Twitterアカウントはまだ運用開始前の模様ですが、開設は確認できます。なお、3名とももこ田めめめがファッションスタイリストとして衣装デザインなどに関わっているとのことで、セルフデビューした経歴がここで発揮されてきました。

 おそらくはLive2Dスタートと思われますが、.LIVEの技術力を鑑みれば、3D化もさほど遠くはないかもしれません。新しいメンバーが加わるという、よろこばしいできごとから2021年の.LIVEは始動しそうです。

 

12/27(日)

BOOGY VOXX、1stアルバムリリース&全国ツアー開催決定

www.moguravr.com

 今年の活躍がめざましいバーチャルアンデッドユニット・BOOGY VOXXが、ついにアルバムリリースにこぎつけました。1stアルバム『Bang!!』が、来年の3/6にリリース決定です。新曲も含めた全13曲が収録され、BOOTHおよびアニメイトでは予約特典も付与されるとのことです。

 そして、このアルバムリリースに合わせ、全国ライブツアー「#デッドマーチ01」の開催も発表されました。名古屋、大坂、福岡、そして東京をめぐる、かなり気合の入ったライブツアーになるとのことです。いま一番アツいアンデッドなヤツらは、2021年に盛大にスタートダッシュを切りそうです!

 

 

12/28(月)

PANORAにてユーザーローカル提供の「2020年VTuber再生ランキング・トップ100」を公開

panora.tokyo

 今年も数多くの配信に動画投稿が行われたVTuber業界。そんななかで、「最も再生されたものはなにか?」という素朴な疑問に、PANORAとユーザーローカルがタッグを組み、「2020年VTuber再生ランキング・トップ10」を算出。この日にPANORAにて公開に至りました。

 同じくPANORAにて更新されている「週間VTuberランキング」では配信系が優勢なものの、年間を通してみると歌動画が非常に強いという結果に。1位はKAMITSUBAKI STUDIOの理芽のオリジナル曲『食虫植物』、次点はホロライブ全員集合の『おちゃめ機能』の歌ってみた、さらにその次にはクマーバの『やさいのうた』や森カリオペの『失礼しますが、RIP♡』など、この上位4位だけで1000万再生を突破した歌動画が並んでいます。

 その日ごとの瞬間風速は配信が強いものの、やはり最終的な再生数を得るには、「繰り返し見てもらう」という要素が重要であることは、間違いなさそうです。年間単位で見るVTuber業界は、日々見届けるそれとはまた違った視界が広がっています。

 

すとぷり、全メンバーの3Dモデルが完成。MVにてお披露目

prtimes.jp

 ある意味ではVTuberよりも先んじてバーチャルな存在ともいえる配信ユニット・すとぷり。先月にメンバーの一人である莉犬が、今月には同じくメンバーにしてリーダー(そして株式会社STPRの代表取締役)のななもり。が相次いで3D化をしており、これなにかの前触れかと思われていましたが、本日付けのプレスにて「全メンバーの3Dモデルが完成した」ことが発表されました。

 12/27に投稿された全メンバーが出演する新曲『Feel Free!』のMVにてお披露目となっており、今後の活動では公式放送配信やゲーム実況動画など、彼らの活動に広範的に活用されているとのことです。リアルライブも開催しているユニットである以上、こちらへの活用も予測されます。

 先月発売された3rdフルアルバムはオリコンウィークリーで1位を記録するなど、いま女性を中心に大きな人気を誇っているすとぷりが、来年はVTuberに近しい文脈で活動を展開する可能性が出てきました。バーチャル界隈越しからはどのようにその活躍が見えるか、あるいは袖が触れ合うか、注目したいところです。