ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 6/19(土)~6/20(日)

 

エンタメ系

「深脊界計画 -sɪɴsᴇᴋᴀɪ ᴄɪᴛʏ ᴘʀᴏᴊᴇᴄᴛ-」始動

www.youtube.com

Point
  • 神椿より派生した新たなプロジェクト「深脊界計画 -sɪɴsᴇᴋᴀɪ ᴄɪᴛʏ ᴘʀᴏᴊᴇᴄᴛ-」が始動。PIEDPIPERは同プロジェクトの立ち上げメンバーで、以後もプロデューサーとして関わるとのこと。
  • 深脊界初の最初のアーティストとして「存流」のデビューも発表。ティザームービーが公開
  • バーチャルサーカス団「VALIS」も同プロジェクトへの合流(表現としては「移住」)を表明。
Tips

 先週の「不可解」にてその存在が告知された「シンセカイ」が、この日正式に始動となりました。KAMITSUBAKIとはまた異なる系列ですが、その第一弾たる「存流」と、VALISの合流を見るに、こちらもアーティストを送り出すひとつのプロジェクトである可能性がうかがえます。とはいえ全容はまだ未知数。さらなる続報がほしい……!

 

LiverCity Inc.より、新会社・ライバーシティ・エンターテイメント株式会社が設立

www.livercity.com

Point
  • Vライバー運営会社のLiverCity Inc.より、新会社・ライバーシティ・エンターテイメント株式会社の設立が発表。LiverCity Inc.のタレントマネジメント業を、ライバーシティ・エンターテイメント株式会社へ一括業務委託する形に変更(オーガナイザーとしては継続。所属は引き続きLiverCity Inc.所属の扱い)。
  • ライバーシティ・エンターテイメント株式会社の社長兼CEOには山田夏実氏が就任。同氏はLiverCityのトップライバーである絵夢アリス。Vライバーが会社代表を務めることに。
  • 絵夢アリスはLiverCity Inc.より独立、ライバーシティ・エンターテイメント株式会社へ7/1にオーガナイザー移籍。配信方法、収益取り分など、活動に関わる全てが自己裁量になるとのこと。
  • LiverCity所属ライバー内の「組分け変更」も実施。
  • 新たに「キャラクターのれん分け制度」をスタート。「一定の成果と志」を持つライバーに対し、キャラクターの使用権譲渡と活動裁量権の委任を行い、さらに起業を含めた独立の支援まで行う制度。絵夢アリスはこの第1号の扱い。
Tips

 「絵守未來プロジェクト」を運営し、近年はSHOWROOMを軸に活動するVライバー運営も担っていたLiverCityが、非常におもしろい試みを打ち出してきました。とりわけ「キャラクターのれん分け制度」は、事務所などの解散時にたまに見られる「権利を移譲して個人活動へ転向」の発展に近いもの。バーチャルさんを企業に縛られない存在へとすすめるための施策として、せひ普及していってほしいところです!

 

GEMS COMPANYに新メンバー加入へ

Point
  • GEMS COMPANYへ、新メンバー・小瀬戸らむが加入することが発表。3月から募集されていた新メンバーオーディションによるもの。
  • 現時点ではシルエットのみの公開。7月中にあらためて発表があるとのこと。

 

株式会社Gugenkaがバーチャルタレント事業の中止を発表

Point
  • 株式会社Gugenkaが、自社のバーチャルタレント事業の中止を発表。
  • 同社所属の東雲めぐ、エピト、鈴山八広、天護ねもの4名は、9/21をもってGugenkaを離れてフリーの活動に転身。同社側が保有する権利について、その利用を全面的に許諾し、利用料なども受け取らないとのこと。
  • HoloModels、MakeAvaterなどは、これまでと同様に発売されるなど、今後も4名と同社とのつながりは保持されるとのこと。
Tips

 長らくバーチャルなコンテンツ展開とバーチャルタレント運営を行ってきたGugenkaさんが、バーチャルタレント事業のクローズに至りました。とはいえこちらはほぼ全面的な権利フリー化の上で各位の独立という形となるため、クローズとしては円満といえるでしょう。

 

キミノミヤ、活動引退へ

Point
  • VTuber・キミノミヤが、9月末をもって活動を引退することを表明。
Tips

 中京テレビ発VTuberとしてデビューしupd8にも参加、なによりバイリンガルVTuberの先駆けとして、おそらく2018年中の早い段階に海外へリーチしたVTuberのひとりともいえるキミノミヤ。現在のVTuber情勢の土台を作ったことは間違いでしょう。実に3年間の活動、お疲れ様でした……!

 

ビジネス系

中国清華大にバーチャル女子大生・華智氷が入学

36kr.jp

Point
  • 中国北京市清華大学に、バーチャル女子大生・華智氷が入学したことが発表。
  • 人間そっくりのリアル寄りバーチャルヒューマンか。学内の複数の学科から集まった技術チームが開発し、継続学習するAIが搭載され、「コンピューター科学・技術学部に所属する学部生」として、創造力や対話能力などを習得していくとのこと。

 

音楽

ピーナッツくん 2ndアルバム『Tele倶楽部』リリース

linkco.re

Point
  • ピーナッツくん 2ndアルバム『Tele倶楽部』が、各音楽配信サイトにてリリース。
  • 『笑うぴーなっつくん』『風呂フェッショナル』など、各楽曲のMVも順次公開中。

 

V.W.P 初オリジナル楽曲『電脳』MV発表

www.youtube.com

Point
  • 花譜、理芽、春猿火、ヰ世界情緒、幸祜からなるユニット・V.W.Pによる初のオリジナル楽曲『電脳』のMVが発表。
  • 楽曲は各音楽配信サービスにて配信中。

 

te'resa オリジナル楽曲『Ace』MV発表

www.youtube.com

Point
  • KAMITSUBAKI STUDIO所属のフォトリアルバーチャルアーティスト・te’resaの1st EP収録曲『Ace』のMVが発表。
Tips

 魔女たちとはまた異なる系列のKAMITSUBAKIのアーティスト・te’resaは、中国でのIntel Coreアンバサダーにも就任。系譜としてはバーチャルヒューマンなアーティストとして、マルチな展開が今後増えてくるかもしれません。

 

VALIS オリジナル楽曲『新世界ピグマリオン』発表

www.youtube.com

Point
  • バーチャルサーカス団・VALISによるオリジナル楽曲『新世界ピグマリオン』が発表。
  • 柊キライが作詞・作曲・編曲を担当。
Tips

 深脊界への移住を発表したその日に、VALISより新たなオリジナル曲が発表されました。深脊界に大きくモチーフを合わせた楽曲であることに加え、今回はMVの気合が段違いです。

 

ココツキ オリジナル楽曲『モストデンジャラスガールズ』リリース

linkco.re

Point

 

『アイソレイション (feat. HACHI & DJ WILDPARTY) 』リリース

linkco.re

Point
  • バーチャルトラックメイカー[ahi:]による楽曲『アイソレイション (feat. HACHI & DJ WILDPARTY) 』が発表。各音楽配信サービスにてリリース。MVも公開。
  • 歌をHACHI、編曲・Mixing・MasteringをDJ WILDPARTYが担当。

 

イベント情報

VTuber最強格闘王決定戦」開催決定

Point
  • 忍ism Gamingが、VTuber限定の格ゲーイベント「VTuber最強格闘王決定戦」の開催を発表。
  • 使用タイトルは『STREET FIGHTER V』。2on2お祭りトーナメント。
  • 参加者として乾伸一郎、叶、魔王マグロナ、丹羽にわこ、せんのいのり、バフコが発表。このほかにも参加者が存在か。

 

VTuber限定即興演劇バトル「THE SAN-DAI in VIRTUAL」開催

panora.tokyo

Point
  • VTuber・Peaky Hikersが、VTuber限定即興演劇バトル「THE SAN-DAI in VIRTUAL」の開催を発表。7/2に「Peaky Hikers Theaterチャンネル」にて開催。
  • かつて全国各地で実施されてきた、三題噺をモチーフとした即興演劇バトル「THE SAN-DAI」のVTuber限定大会。直前に出される3つのお題で3分の即興劇を演じ、参加者と視聴者の投票によって勝敗を決定。
  • 6/23まで参加者のエントリー受付中。エントリーは主催者のメイローのTwitter DMまでとのこと。

 

グッズ情報

今酒ハクノ×ヴィレッジヴァンガード コラボグッズ

prtimes.jp

Point
Tips

 滅びよ人類! 酒クズVTuberとしてその存在感はいろいろと絶大な今酒ハクノがヴィレヴァンに降臨です。わりかし実用性あるグッズが多いのが絶妙です。

 

バーチャルゴリラ×ヴィレッジヴァンガード コラボグッズ

prtimes.jp

Point

 

そのほか雑記

 直近のいろいろなニュースを見ていて、「VTuber」というくくりと「VR/バーチャル」というようなくくりが、ちょっと限定的すぎた感があったので、「エンタメ系」と「ビジネス系」という自分の中の基軸みたいなものをそのままカテゴリ名にするテスト。より細かくするか、こういうデカい単元で扱ってしまうかは、今後の更新のしやすさからはかっていこうと思ってます。

 

www.youtube.com

 そしてニュースにカウントしにくい話だったのでこちらでふれるのですが、先日の新宿アルタにて仕込まれた黛灰の映像を、まさかの「それを見る群衆」とセットで映したものをオフィシャルとして投稿する展開が、各所でかなりの衝撃となっている印象です。「リアルとバーチャルって何?」と問いかける黛を、スマホカメラで撮影するリアルの人々。それらをも撮影してアップロードした黛灰のチャンネル。リアルとバーチャルの主客とは?境界とは?……示唆的な企てはまだまだ続きそうな予感があります。