ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 10/29(木)

 ごきげんよう! 浅田カズラです。

 にわかに、意外なところがHMDを開発中という情報が飛び込んできました。オーディオ機器やカーナビでおなじみで、今年は公式VTuberもデビューしたJVCケンウッドです。

www.moguravr.com

 「片目あたり2560×1440(両目5120×1440)」「120度の視野角」という高めのカタログスペック以上に、「ミラー投影という独自の方式」「映像投影部分にハーフミラーを採用することで外部も見れる」が非常に異色。従来のVR HMDとはまた異なるアプローチ(近いのはDreamGlass Airとか?)で、これにはMogura編集部もカテゴライズにも迷っているようです。実際自分もどういうカテゴリがベターなのか悩むところ……

 で、ミラー方式自体は、液晶以上のきれいな映像が映り得ることはDreamGlass Airも示しているので、ちゃんとした設計で搭載されれば現行のVR HMDを超えてくるかもしれません。シースルーで外も見える点も含め、今後注目のデバイスになるやもしれませんね。形になるのが楽しみです。

 では、本日のバーチャル界隈ログを更新していきましょう。

 

 

10/29(木)

戯画『ガラス姫と鏡の従者』の主題歌にAZKiと尾丸ポルカが起用

 成人向けゲームブランド・戯画の新作タイトル『ガラス姫と鏡の従者』の主題歌に、イノナカミュージックのAZKiと、ホロライブ5期生の尾丸ポルカが起用されることが発表されました。

 主題歌『キミだけのプリンセス』は、AZKiと尾丸ポルカの両名が歌唱を担当。言わずとしれたイノナカの歌姫と、デビューと同時にオリジナルソングを持ち込んできたホロライブの新人という、おもしろい化学反応が期待できそうなWボーカルです。AZKiはさらに同作のED曲も担当することが発表されており、ホロライブプロダクションのこうした楽曲アーティスト起用は今年はどんどん事例が増えています。

 

もちひよこがココナラとタイアップ。総額250万円で3Dモデリングまでスキル販売

v-clan.jp

 V-Clanを通じて、もちひよこがスキル販売マーケットサービス「ココナラ」とタイアップを実施することになりました。

 今回販売されるもちひよのスキルは、30万円からのキャラクターデザイン、そして総額250万円のキャラクター3Dモデリング。ずばり、VTuber向けの3Dモデルとのことです。人によっては年収にも迫り得る金額ですが、プロとして多くの3Dモデルを手掛けてきたこの方への直接オーダーと思えば破格の価格かも……?

 なにはともあれ、業界でも指折りな3Dモデルと「もちひよの子」という肩書を手に入れられる、寝耳に水なチャンスです。ちなみにココナラでは、今回のタイアップ案件以外にも、VTuber受肉を請け負う方がチラホラいらっしゃいますよ。

 

にじさんじ、4名が2.0アップデート

 10月も終わりに近いなか、にじさんじから4名の2.0モデルアップデートの実施が発表されました。

 今回の対象者は、白雪巴、瀬戸美夜子、フミ、轟京子。じわりじわりと人気を伸ばしている面々が多めです。瀬戸美夜子は電音部へミディとともにコンポーザーとして抜擢されるなど、ライバー以外のマルチな活動が増えているのが印象的です。お披露目は慣例通り、各自の配信で随時行われるとのことです。

 

PlayStation VRのPS5用アダプターの申し込みが受付スタート

www.moguravr.com

 熾烈な予約戦争が記憶に新しいPlayStation 5。その熱も一通り落ち着いた頃合いですが、そんなPS5にてPlayStation VRを使うための「PlayStation Camera アダプター」の申し込み受付が始まりました。

 すでにPSVRを所有している人だけが対象ですが、申し込み・発送は無料。わざわざ買う必要がないというのはありがたいところです。そしてこういう対応を仕掛けてくるということは、PSVRの存在をある程度はソニーも意識している……という可能性もうかがえます。

 しかしながら、最も気になるのは次なるPSVRの存在でしょうか……