ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 10/13(火)

 ごきげんよう! 浅田カズラです。

 ついにOculus Quest 2が日本に上陸。今日の関連ニュースは以下に記しますが、早速、国内でも最速着弾した人たちが一定数確認されています。物議を醸したアカウント問題も引き続き確認されていますが、その性能に魅せられた人が一人ずつ増えているのを感じます。

 そして、今回は国内でも販路が設けられたということでしたが。

 いやぁ~本当に「国内の店頭で販売されている」のを見ると胸が高鳴りますね! かつてないレベルで人の目に触れることは確実でしょうし、今度こそ「VR元年」が本当に明けるかもしれません。自分も明日着弾予定とのことで、いまからとにかく楽しみです!

 そんなQuest 2の幕開けとなった本日のバーチャル界隈のできごとを記録していきましょう。本日のバーチャル界隈ログです。

 

 

10/13(火)

Oculus Quest 2発売!関連情報など。

 本日、全世界的に発売となった新型VRヘッドセット・Oculus Quest 2。「ついにVR元年が明けた」とも言われる記念すべき日ですが、関連して様々なニュースも飛び込んできています。

TV CM公開

www.youtube.com

 ついにVRヘッドセットもTV CMが! Oculus Quest 2公式のTV CMが公開されました。キーワードは「なんにだって、なってやれ。UNLOCK YOURSELF」。すでにFacebookに縛られていますがなんでもできるVRのすべてが詰まっている30秒CMです。

アストネスにてレンタル開始

prtimes.jp

 VR業界ではおなじみになってきた、レンタル業者のアストネスでも、Quest 2のレンタルが開始となりました。64GB、Eliteストラップ付き64GB、256GBから、1週間(7泊8日)レンタル可能となっています。「気になるけど購入はまだ考えたい……」という人向けにオススメの選択肢。ただし、いまからの申込みは10月末頃の発送となる模様です。

My Dearestによる応援企画

kaku-san.jp

 さらに、『東京クロノス』『ALTDEUS:Beyond Chronos』を開発しているMy Dearestが、ALTDEUS: Beyond Chronos presents VRムーブメントProject 1「『Oculus Quest2』発売記念!“応援&感想”キャンペーン」の実施を発表しました。Quest 2で遊んだ感想やオススメのゲーム、アプリの情報などをキャンペーンページより投稿することで、『ALTDEUS:Beyond Chronos』にて主人公・クロエの声優を務める鬼頭明里のサイン入り限定ポスターなどがプレゼントされるキャンペーンとなっています。

 VRムーブメントに大きな可能性を感じた同社独自のキャンペーンとのことで、投稿は期間中何度でもOK。みんなで「VRの可能性」を広めるお祭りです!

 

家庭用歩行型VRバイス「KATWALK C」日本販売予約開始

www.dreamnews.jp

 「歩くVR」を実現する歩行型VRバイスの家庭用筐体「KATWALK C」が、日本にて販売されることが発表されました。本日より総代理店を務める株式会社匠にて販売予約が開始となりました。お値段は21万円と、VRヘッドセットよりもお高め。導入ハードルはぶっちぎりで高いですが、「至高のVR」にはぜひほしいデバイスです……

 

ミニシアター限定で、『白爪草』のチケット興行収益全額を各劇場の収益へ

prtimes.jp

 「エンタメ業界をVTuberでいち早く元気にしよう!」というスローガンによって制作された、演者全員がVTuberという異例の映画作品『白爪草』。2週間限定で2館のみの上映となった本作では、池袋HUMAXシネマズの週間映画ランキングでは1位を獲得するなど、なかなか上々な評価を獲得しました。

 そんな『白爪草』が、次はミニシアター支援に向けて動き出しました。その施策とは、ミニシアターでの『白爪草』のチケット興行収益を、全額各劇場の収益へと配分するというもの。もともと収益の一部の寄付も告知されていましたが、これはものすごいアプローチ。苦境が続くミニシアターにとって、大きな収益となることが見込まれます。

 今後はインターネット上での有料配信も予定されている『白爪草』。作品そのもののみならず、その展開も唯一無二になりつつあります。

 

出雲霞、10月末をもってにじさんじを卒業へ

 にじさんじSEEDs1期生としてデビューし、これまで活動を続けてきた学習型AIの出雲霞が、10月末をもってにじさんじを卒業することを発表しました。

 「おなえどし組」として、従来のVTuberにとどまらない物語を展開し、惹きつけられた人も多い一人でした。多くのドラマを産んだSEEDs1期生の一人がまた去るということで、言いようのない寂しさがあります。

 一方で、アーカイブこのような理由からすべて残されるとのことで、最後まで「物語」を意識したVTuberとして駆け抜けていきそうです。そして残る物語はどうなっていくのか……最後の瞬間まで見届けたいところです。