ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 6/13(土)~6/14(日)

 ごきげんよう! 浅田カズラです。

 直近気合を入れて取り組んでいたお仕事情報を告知させてください……Moguraさんにて、「用途別のおすすめVRヘッドセット」という大規模なサマリー記事を執筆いたしました!

www.moguravr.com 「VRヘッドセットを買いたくても、どれを買えばいいかわからない」 という疑問に対し、「VRでなにがしたいか?」というアプローチから切り込む……そういう感じで誰かの道標になればという意図の記事になります。なるたけいま世に出ているコンシューマー向けヘッドセットは網羅した上でのサマリーにはなってると思いますので、こんなご時世でVRデビューをお考えのみなさま、ぜひ参考にしてみていただければ……!

  さて、この土日はけっこうアクティブな動きが界隈に見られました。バーチャル界隈ログ、土日分の更新でございます。

 

 

6/13(土)

loveちゃん&あいぴー、新しい姿を公開

 キズナアイから独立した存在として新たな一歩を踏み出した、loveちゃんとあいぴーが、自分たちの新しい姿を公開しました。イラストレーターの古弥月に仕立ててもらった、それぞれの個性が出ている「自分自身」のアバターになっています。

 Live2Dで先行して用意されたこちらのモデルで、6/15に早速お披露目配信が実施されるとのことです。これまでにない形で生まれた2人のVTuberが、着実にひとり立ちの道を進んでいます。

 

スイス・ジュネーブ大学の人類学者Milaとバーチャル美少女ねむ、「新型コロナショックとVTuberアバターの関係性について」調査結果を発表

www.value-press.com

 スイス・ジュネーブ大学の人類学者であり、日本のVTuberに関する研究を行っているMilaさんと、最古の個人勢たるバーチャル美少女ねむが、「新型コロナショックとVTuberアバターの関係性について」というテーマの調査結果を発表しました。

 Googleフォームをアンケートを用いた聞き取り調査によって明らかになってきたのは、COVID19の影響で、アバターを使っている人々は増加しているということ。その用途は配信と教育が多いということ。職場ではまだまだ利用は許されていないということ。などなど。大きな増加こそないものの、着実に増えている、そんな印象です。

 実際の聞き取りから得られるデータには(偏りこそ考慮が必要かもですが)、生の声ともいえるたしかさがあります。目下の課題は、アバターをもうちょい手軽で作成できる方法の増加、そしてアバターを使ってもいい環境の増加、でしょうか。

 

不知火フレア、3Dモデル正式お披露目

www.youtube.com

 豊洲にて先行で登板され、その後の正式お披露目配信が新型コロナの影響で延期となっていた、不知火フレアの3Dモデルお披露目配信が無事開催の運びとなりました。

 ホロライブ3Dのレベルの高さはすでにお墨付き。腰から脚にかけてのラインが特に美しい姿です。お披露目が延びに延びただけあり、3期生のみならず白上フブキやさくらみこも駆けつけ、ファンも含めて多くの人が祝福するお披露目となりました。

 これにて、3期生も全員が3Dモデルお披露目となりました。さて、この次は4期生でしょうか。

 

6/14(日)

YuNi、TVアニメ『宇崎ちゃんは遊びたい!』エンディングテーマに抜擢

 活動2周年を迎え、この日記念生配信を実施したYuNi。直近の活動が控えめになってた中でのひさしぶりの配信となりましたが、ここから大きなニュースが飛び出してきました。アニメのエンディングテーマに抜擢です。

 そのアニメは、来月に放送が差し迫った、いろいろとデカい『宇崎ちゃんは遊びたい!』。EDテーマとして採用される『ココロノック』は、『透明声彩』でもおなじみYUC’eとのタッグが手掛ける一曲になるとのこと。これだけでもう期待のかかる一曲になりそうです!

 さらに、ワンマンライブ「UNiONWAVE」が今秋に開催されることや、『ジレンマ』MVが作成中であること、そして動画投稿もペースアップしていくことを生放送中に告知。2周年を祝う記念枠にて、うれしいニュースがたくさん届けられました。