ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 5/18(月)

 ごきげんよう! 浅田カズラです。

 先日、iPhone利用のフェイストラッキングアプリの「恋顔」がリリースされましたが、同様のシステムを採用したLive2D向けアプリとして「mocape」が開発(&一部VTuber試験運用開始)されており、さらにnmちゃんが「waidayo」なるアプリを、つい先日にはiPhone単体で腕まで動くアプリまで登場が予告されるなど、にわかにiPhoneXを軸にしたフェイストラッキングシステムの需要が芽生えてきているように思えます。

 なにせ顔認証にも使えるカメラだけに、トラッキング性能は随一のハズ。様々なアプリが生まれてきましたが、にじさんじやホロライブが運用している(と思われる)方式へ着地していくのは、なかなかおもしろい動きですね。今年でどのように勢力図が変わるか、今後も注目してきたいところです。

 そんなわけで今週もバーチャル界隈ログ、更新していきましょう。

 

 

5/18(月)

Marpril、1stアルバム&ソロシングルCD発売。リリース記念ライブも

marpril.booth.pm

 5/15に一周年を迎えたバーチャルガールズユニット・Marprilから、待望ともいえる1stアルバム『city hop』が発売となりました。合わせて、立花と谷田それぞれのソロシングルをおさめたCDも発売されており、いずれも 名うてのトラックメイカーが曲を提供する、一周年にふさわしい豪華なリリースとなっています。

 また、アルバムリリース記念ライブ「Do the city hop」が、8/1に赤羽ReNY alphaにて開催予定となっています。現地開催かライブ配信となるかは現状では不明とのことですが、盟友ともいえる柚子花も駆けつけ、にぎやかなリリイベとなりそうです。

 

ソフトバンクVRアプリ「VR SQUARE」がOculus Goに対応

www.softbank.jp

 「5Gスマホを買ったらVRゴーグルをプレゼント!」なんてキャンペーンも実施するなど、にわかにVRに注力を始めているソフトバンク。同社が提供しているVRアプリ「VR SQUARE」が、本日付でOculus Goに対応しました。

 ライブなどの360度映像がメインコンテンツとなっていて、Oculus Go版はさらにアバターコミュニケーション機能も追加。最大10人までボイスチャットが可能とのことで、これならみんなでライブ動画をみながらワイワイとおしゃべり、なんてこともできそうですね。

 Oculus Goはとにかく格安で、スマホVRよりも操作しやすいという特徴があります。無料ゴーグルでスマホからVRを知った人の、次なるステップとしての導線として機能しそうです。

 

国立がん研究センターに手術室常設型VRライブ配信システムが導入

prtimes.jp

 医療現場へのVR導入事例がまたひとつ出ました。「手術室常設型VRライブ配信システム」なるものが、国立がん研究センターに導入されたとのことです。

 手術室常設型VRライブ配信システム「オペクラウドVR」は、手術室に配置した360度カメラから、執刀医目線で手術の様子を見ることができるシステム。そうそう立ち入れない手術室の様子を外部から見ることができるため、医者、医大生、そして医療機器研究者など、利用すべき人は多いでしょう。

 国立がん研究センターには海外も含め見学者が多いとのことで、こうした人達に向けた見学機会を増やし、医療機器などに新しい進展をもたらすきっかけを作ることにつながるでしょう。