ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 4/21(火)

 ごきげんよう! 浅田カズラです。

 このところ大きな問題となっている、YouTubeのBAN騒動。先日配信権が剥奪された桐生ココは……まぁVIO脱毛があったので順当かもですが……おぎの先生が配信を始めたらいきなりBANされ、共演したねむちゃんもBANを突如食らうなど、「BANした人と絡むと連鎖的にBANされる」というロジックでも効いてるのか?という状況すら予想されます(ココ会長に「BAN解消までコラボも禁止」という通達が下ったのはそのため……?)。

 単なるGoogleへのコロナの影響と見るには、ちょっとこのあたりの機能の中身が怖いなぁと思ったり。ホロライブ誤BAN騒動に続く、YouTubeへの不安視が強まる中、別の軸を見つけるべき時期が来ているかもしれませんね。

 という状況下ではありますが、バーチャル界隈は今日もしたたかにうごめいています。本日のバーチャル界隈ログもゆるりと更新です。

 

 

4/21(火)

「バーチャルマーケット4」の企業出展ブースの詳細が発表

prtimes.jp

 4度目の開催となる世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット4」にて展開される、企業出展ブースの詳細が解禁となりました。

 全40社の出展社は今回、36も存在する会場ワールドのひとつ「パラリアルトーキョー」に集結。プレスには出展社の名前の一覧と、それぞれのブースの外観図が掲載されています。それぞれのカラーにあわせた、個性豊かなブースがそろいぶみです。

 コミックマーケットでも数多くの企業が集結していたように、バーチャルマーケットもまた個人・法人を問わない発表・販売の場として定着していくでしょう。さらなる規模にて開催される本イベントは、4/29~5/10の12日間開催です。

 

Donuts、MixChannelYouTubeへの同時放送ができるVTuber向けシステム「MixTube」を提供開始。オーディション開催も

prtimes.jp

 自社保有VTuberも存在する株式会社Donutsが、VTuber向けの配信システム「MixTube」の提供を開始しました。

 本ツールは、同社が運営するMixChannelYouTubeへ「同時」に配信できるというツール。OBSを使用し、独自サーバを経由して同時配信を実現しているとのことです。スマホアプリのMixChannelと、ご存知マルチプラットフォームYouTubeに同時に配信できるのはなかなかに画期的。アーカイブYouTube側に残るため、スマホ配信アプリあるある「アーカイブ追えないからどんな人かわからん」への対策にもなるでしょう。

 これまで10代~20代の生身の配信者が主だったMixChannelにて、バーチャル配信者はこれまで試験的な運用にとどまっていたところ、この「MixTube」のローンチとともに一気に強化方針へと舵を切るとのことです。その景気づけとしてか、Donuts公式の新VTuberオーディションの開催も告知されています。今後もイベントを積極開催するというDonuts、今年が勝負の年でしょうか。

 

ハコスコストア、Oculus Go/Oculus Questに対応

store.hacosco.com

 ダンボール製の折りたたみスマホVRゴーグルでおなじみのハコスコが展開している、VRコンテンツプラットフォーム「ハコスコストア」が、Oculus Go/Oculus Questでも利用可能となりました。

 これまではスマホアプリのダウンロードが必要だったところ、GoとQuestではOculus Browserから利用可能とのこと。デフォルト機能だけで利用可能なのはお手軽と言えるでしょう。「VRの入口」がまたひとつ増えました。

 

結目ユイ、オリジナル楽曲『幸泡moment』発表

www.youtube.com

 AVATER2.0のTwitter芸人担当、あるいはAVATER2.0のボス担当。オーディション当時から存在感を発揮し続けている結目ユイが、自身初となるオリジナル楽曲『幸泡moment』を発表しました。

 本楽曲はSHOWROOMにて開催されたオリジナル楽曲争奪イベントにて、見事彼女が1位をもぎとって勝ち得たもの。AKB48などの楽曲を手掛けてきた「BIG ISLAND RECORDS」が作詞・作曲を担当し、作詞には結目ユイ自身も参加しているとのことです。

 いろいろな意味で苛烈な姿が印象的なボスですが、自身の名も歌詞に込められたこの曲は、爽やかで力強い、正統派にかっこいい一曲となっています。今年からは仕事も辞めてVTuber一本で食っていくことにした彼女の活躍、今年も無論期待してよいでしょう。

 

燦鳥ノム、第3弾オリジナル楽曲はGLAYTAKURO提供

www.glay.co.jp

 サントリー新商品「クラフトボスレモンティー」の発売を記念して、サントリー公式VTuber・燦鳥ノムの3曲目のオリジナル楽曲制作が決定しました。今回の楽曲は、なんとGLAYTAKUROが制作・提供、HISASHIがギター演奏。1曲目のじん、2曲目の畑亜貴Tom-H@ckに続く、驚きのビッグネーム登場です。

 これだけでもすさまじいのですが、企画決定を記念してGLAYが1996年に発表した『BELOVED』をノムさんがカバーした動画も公開されました。「今までになかった最高に『レモい』この曲」と語る注目の3曲目は、5月上旬に発表予定とのことです。

 

ちょっとえっちな?バーチャルタレント事務所「Pink Punk Pro」設立

prtimes.jp

 2020年はにわかに事務所設立の動きが続いています。本日設立が発表されたバーチャルタレント事務所「Pink Punk Pro」は、「リアルよりも刺激的に、バーチャルをより生々しく。」と謳い、「日本のみならず世界中を今よりちょっとエッチに、もっと元気にしていきたい」と語る、なかなかにエッジの効いた新事務所です。

 所属タレントはサキュバス界のプリンセスのアルム・フェルラーベンと、女子校生の天翔院ひいな。ふたりとも3DVTuberとしてデビューホヤホヤながら、すでに「電○カラオケ」やら「オ○ニーネタトーク」で局所的にスマッシュヒットをかましている期待のえっちな新人です。

 「virtual eroticism entertainment」という異次元の領域を目指す、新たなベクトルの事務所がバーチャル業界に爆誕しました。イき先はいずこへ!!