ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 4/1(水)

 ごきげんよう! 浅田カズラです。

 今年もエイプリルフールがにぎわいましたねぇ! このところ少し息の詰まるタイムラインが多かっただけに、みんながジョークを言い合って笑いを取ったり、手の込んだウソで驚かせてきたりと、ひさびさに楽しいインターネットが見られました。

 ウソの扱いも難しくなってきた昨今、エイプリルフールそのものは多くの人の手に余るものだと思うのですが、やはりおもしろい人たちにはやってほしいな……と、そんなわがままも抱いた2020年の4月1日になりました。

 けれども、今日も本当のニュースはもちろんあります。なにより本日から新年度。各所で新生活も始まった、本日のバーチャル界隈ログでございます。

 

 

4/1(水)

DMM VR研究室と東京大学 連携研究機構 バーチャルリアリティ教育研究センターが共同研究を開始

prtimes.jp

 産学共同の事例がまた一つ。DMMのVR研究室と、東京大学 連携研究機構 バーチャルリアリティ教育研究センターが、共同研究を開始したことを発表しました。

 共同研究の概要は、「VRシステムの評価及び最適化手法の提案」を研究テーマに、実際のVRゲームなどを「VR空間におけるユーザーインターフェースへの習熟・没入度」といった観点から科学的に定量解析・評価するための手法を確立し、より最適化されたVR空間の提案につなげる……というもの。実際にDMMが開発した『BOW MAN』などが研究材料になるとのことで、エンタメ領域で実際に作られたものを研究していく、まさに産学共同らしい営みになりそうです。

 

Activ8、約10億円の資金調達

prtimes.jp

 Activ8が約10億円もの資金調達を実施したことを発表しました。株式会社小学館、株式会社Too、株式会社ホリプロなどが引受先となっています。

 このうち株式会社Tooとは業務提携も行い、バーチャルタレント事業におけるシステムソリューションの推進を目指す、とのこと。その代表格がVRライブシステム「Spectacle(仮称)」の開発。これまで2回ほどキズナアイVR MVを作成するにあたり使用されてきた同システムを、5Gの到来に備えて完成へと進めていきたい意図が読み取れます。

 

memex、CDアルバムの「バーチャル手渡し」即売会開催

meme-x.jp

 活動1年を超えたバーチャルオルタナアーティストのmemexが、1stアルバム『Dear Thinking Nodes』の発表にあたり、バーチャル即売会「#めめ3」を開催し、「CDの手渡し」を実施することを発表しました。

 もともとM3にて頒布予定だったものが、M3は開催中止に。その結果失われてしまった「購入を通した作者とファンのコミュニケーション 」を、バーチャルに補完しよう……という試みになるとのことです。

 開催は4/4、VRChatにて。当時実施予定の配信から、当該ワールドへのリンクが公開されるとのことです。ある種の実験でもありつつ、一人でも多くの人に作品を届けたい、クリエイターとしての矜持も感じる試みです。

 

「ムービーナーズ」オープン

m-nerds.com

 「映画を軸に何でも記事にする、ボンクラ達のZ級Webメディア」を謳い、3人のバーチャルな面々をライターとして招いた、新しいWebメディア「ムービーナーズ」がこの日よりオープンとなりました。

 公募していたライターはさらに増加し、およそここでしか見られないであろう個性的な面々が集結しています。Webメディアのみならず、イベントなども通して運営・ライター・読者が垣根を超えて交流する場を作る、コミュニティとしての側面もあるとのことで、映画に一家言あったりなかったりするボンクラならば、なにか琴線の引っかかるメディアになることでしょう。

 

エイプリルフール!in 2020

www.moguravr.com

 さ~て今年もやってきましたエイプリルフール! 昨今の情勢からやや控えめになるかと思われていましたが、蓋を開けてみれば今年も豊作でした。

 VTuberたちの壮大な仕込みはもちろん、HTC VIVE JAPANは「VIVEトラッカーステッカー」を発表し、clusterはバーチャルボーイ対応を発表し、カスタムキャストダンスムービー機能を1日限定実装(ちなみにこれは本件カスタムメイドシリーズの機能)し、粋なウソの数々にニッコリとさせられていました。そして月ノ美兎は……

 そんな小粒ながらもにぎやかなウソの中、「ウソだろ!?」と思うようなホントもあった一日でした。サンリオと東方Projectとのコラボ発表に加えて……!

 

今日見かけたVTuberデビュー情報

おぎの稔、受肉

ogino.link

 おそらくオタクに最も親しい政治家の一人として知られている、おぎの稔議員が、ついに受肉に成功した模様です。

 その名はおぎの稔(みのり)。伊東ライフ先生によって生み出されたちっちゃなケモミミの肉体に生まれ変わった、おそらく世界初の議員系VTuberです。

 単なる趣味にとどまらず、VTuberを若い世代へリーチしやすいツールとしてもおぎの先生は着目し、ライフワークとする自殺対策などをより効果的に伝えていきたいという構想も持っているとのことです。

 本日はまず予告編の公開。本格始動が楽しみなVTuberになってしまいました。

 

黒瀬浩介、VTuberデビュー

 『ゴブリンスレイヤー』のコミカライズを手掛け、長らくこのVTuber業界でも多くのファンアートを手掛けてきた、漫画家の黒瀬浩介さんが、VTuberとして受肉することを発表しました。こちらは正統派のナイスガイとして受肉しました。

 そして配信機材が届き次第初配信を行うとのことでしたが、「機材と思って注文していたものがプレバンの限定アイテムだった」とのことで、一旦この予定は中止。夏頃に配信できたら……とのことですので、先生のデビューも心待ちにしましょう。