ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 3/9(月)

 ごきげんよう!浅田カズラです。

 サクッとお仕事情報です。毎度お世話になってるMoguraさんにて、VALVE INDEXのハンズオンレビューを作成させていただきました。

www.moguravr.com

 そろそろ在庫が復活しそうな気配のあるINDEX。けれども実際、前評判通りのやつだったの?そもそもどんな人が買えばいいの?ハマるゲームは?みたいな疑問に響くように、いろんな面からあらためてのレビューをしています。これから購入を検討されている方の参考資料となればよいなと思っている次第です。

 さて、リアルの世界が大騒ぎとなっている裏で、バーチャルはどんな感じだったか。今週もバーチャル界隈の更新開始です。ちなみに今日は、お祝いムードになれるニュースも一件ありますよ。

 

 

3/9(月)

eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」がclusterにオープン

prtimes.jp

 「バーチャルYouTuber GRAND PRIX」開催がおよそ1年半ほど経った2020年。eスポーツイベント「RAGE」が、とうとうあちら側からバーチャルへとやってきました。eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」、cluster上にオープンです。

 都心の中に立つドーム状の施設内は、ロビーから連なる巨大なスタジアム。eスポーツをやるための会場が、バーチャル空間上に設立されたというわけです。

 そして3/15には、この会場を用いた初のイベント「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARP」が開催となります。もともと開催予定だったシャドバの試合が新型コロナの影響で無観客試合になったのに合わせて、同会場より試合の観戦ができる模様です。試合はあの言わずと知れた実況者、もこうとつるおか(かものはし)がバーチャルになって同時実況です。さらにM-1グランプリ2019王者「ミルクボーイ」によるVR漫才も披露されるとのことで、オープン初日からかなり和気あいあいしたイベントになる予感です。

 

「わくVすぺしゃる♪」のオンライン開催へ向けたクラウドファンディング実施へ

camp-fire.jp

 惜しくも新型コロナで開催中止になってしまったビッグイベント「わくVすぺしゃる♪」が、オンライン開催という形での復活に動き出しました。CAMPFIREでのクラウドファンディング実施です。

 イベントそのものはSPWN上でのトークショー&音楽ライブとなる予定で、開催予定日は5/16~5/17となっています。クラウドファンディングの開始は3/13より。「バーチャル版のわくVの開催を目指す」と意気込み、システム開発に励んでいるというBitStar Akihabara Lab。個人的にもその健闘を祈りたいです。

 

GUからバーチャルヒューマンが誕生

prtimes.jp

 お手頃価格でお世話になっている人も多いであろうGUから、まさかのバーチャルヒューマンが登場です。

 バーチャルヒューマン「YU」は、ランダムにセレクトした女性200名の身体を計測し、その平均データを参考に作成された身長158cmの女性。理想のモデル体型でなくても似合う商品や着こなしがあることを伝えるべく生み出されたバーチャルヒューマンとのことで、その名前も「YOU(あなた)」が由来なのだとか。小柄でちょいとあどけない「20歳の女子大生」は、日本のベーシックな女性の身体をしているということでしょう。

 今後は2020年春夏シーズンの新商品の着こなしを見せるモデルのような活動が予定されており、WEB限定ムービーでは中条あやみ水川あさみとも共演しています。何者でもないけど、「実質的には誰か」でもある、バーチャルヒューマンの特性がうまく発揮されそうなケースです。

 

メエ&シカ、結婚を発表

www.youtube.com

 宇宙漂流の末に地球へ帰還し、現在も息長く活動を続けているVTuber、メエとシカ。もともとほっとするような仲睦まじい様子を見せていた男女ペアで、「まるで夫婦漫才」と言う感想もたびたび見かけるほどでした。

 そんな二人がなんと、自身のチャンネルにて本当に結婚したことを報告。上記のような視聴者の「引っ掛かり」を解消し、今後の活動をやりやすくしたい、という意図で今回の発表に至ったとのことです。が、「知ってた」「っていうかまだしてなかったの!?」などのコメント欄が並ぶあたり、まぁ杞憂だったのかもしれません。

 男女ペアというだけでもめずらしい中、実際に結婚関係にあることをオープンにされるのは本当にレアケース。本人たちも「勇気を出した」とコメントしていますが、この界隈全体にも広がりをもたらしそうな、素敵なカミングアウトだと思います。なにより、(そんな不思議じゃなかったけど!)ご結婚、おめでとうございます!