ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 2/10(月)

 ごきげんよう! 浅田カズラです。

 YouTubeにシレッと新しい機能が追加されたみたいですね。その名も「拍手を送る」機能。以下の記事によれば、動画に対するスパチャのようなもので、一回につき200円がクリエイターに支払われる、というものみたいです。

null.style

 どうやら段階的に開放されているものらしく、僕もパッと見では見つけられず半信半疑だったのですが、以下の燦鳥ノムさんの動画では表示が確認できます。

www.youtube.com

 このまま順調に普及していけば、若干収益に苦しい動画勢には大きなプッシュとなり得るでしょう。配信偏重なVTuber業界に、新しい刺激がもたらされるやもしれませんね。

 というわけで野暮用こなしてたら午前2時になっているのですが、望遠鏡も担ぐことなくバーチャル界隈ログを更新する次第です。

 

 

2/10(月)

アンジュ・カトリーナ、3D化

www.youtube.com

 にじさんじの「さんばか」最後の一角。見た目は美少女、中身は童貞。いろいろ残念な錬金術師 アンジュ・カトリーナが、この日3D化を果たしました。

 直近のにじさんじ3Dにならって、2Dのデザイン維持が非常に精巧な3D化となっています。この出来の良い3Dモデルで、虚空から彼氏を錬成するわ、挙げ句の果てに乳まで錬成するわのやりたい放題。そうね……ある意味「解釈通り」だよ、お前……!

 かくして、統合デビュー組の中でも屈指の人気を誇る「さんばか」は全て3Dコンプリート。JAPANTOURへの参加も決まっている彼女たちの大暴れに期待大です。

 

ホロライブ、リズムゲームWACCA」とコラボ決定

www.moguravr.com

 ホロライブとアーケードリズムゲームWACCA」とのコラボを発表しました。360度タッチパネルを採用した独特な操作感が特徴な本機種にて、2/13よりコラボ楽曲が追加。全体曲『Shiny Smily Story』、ときのそら『Dream☆Story』、AZKi『without U』がプレイ可能となる予定です。

 このほかにも、最近の音ゲーにはおなじみな、アイコンや称号も登場予定。全国のアミューズメント施設にて、WACCAの中でホロライブから生まれた名曲たちをプレイしてみるのも乙なものでしょう。

 

天開司、オリジナルソング『HOWL』MV公開

www.youtube.com

 BANs筆頭のバーチャル債務者・天開司・・・オリジナルソングを歌う・・・ッ! 昨年末のTUBEOUTでも披露されたオリジナルソング『HOWL』が、MV付きで公開されました。

 どこか郷愁も感じるメロディに乗せて、不器用ながらもまっすぐな気持ちを伝える歌詞は、普段の彼とはまたちがったイメージか、あるいはイメージどおりか。様々な一面を見せている天開司らしい、ストレートにいい曲に仕上がっています。

 経歴としても異色で、ともすれば波乱万丈な男性かつ個人勢VTuberとして、大きな爪痕を刻んだ一曲です。MVもエモさに満ちていて、こちらも必見。

 

「バーチャルタレント × ゲーム」なゲーム大会「バーチャルスーパーカップ」開催。司会には音俣るかとR6Sプロプレイヤー

passmarket.yahoo.co.jp

 おなじみエンタスが、今度はバーチャルな人々によるe-Sportsの大会会場になります。その名も「バーチャルスーパーカップ」が、3/1に開催予定です。

 競技タイトルは『レインボーシックス シージ』。いままさに現在進行系でカナダ・モントリオールにて世界大会も開催されている、e-Sportsの代表的なタクティカルシューターです。全4チームが参加し、なかにはおだのぶやら紗樹万咲やら見慣れた面々も。そしてゲストMCには、VTuber界屈指のR6Sプレイヤーでもある音俣るかと、プロチーム「父ノ背中」所属のR6Sプロプレイヤー・けんき選手が招かれています。けんき選手は叶や日ノ隈らんとのコラボ配信経験もある人だったりしますね。

 いろいろと豪華なゲストもいる本大会ですが、協賛は特になく、エンタスオーナーのTAKUYAさんの個人開催。「バーチャル業界とゲーム業界の両方が今以上に盛り上がってほしいという想い」から開催された本大会は、先着式の入場無料です。

 

萌木雄太がにじさんじ担当イラストレーターをNDA違反により降板

 VTuber業界的に無視できないニュースがありました。にじさんじにて、物述有栖、安土桃、童田明治、御伽原江良を手掛けたイラストレーター・萌木雄太氏が、秘密保持契約の違反によって、にじさんじの担当イラストレーターを降板となったことが発表されました。いわゆるNDA違反であり、この手のやらかしとしては最も重い部類です。

 企業との契約違反はやはり軽視できるものではなく、この一件は致し方ないところではあります。とはいえ、「担当イラストレーターの降板」という事態は(表立っている範囲では)前例はそうそうになく、イラスト担当だった面々の先行きも心配される事案となっています。

 

「SteamVR 2.0」が今年中にリリースか?

 そしてRoad to VRからはなかなか見過ごせない速報が。Valve社が今年中に「SteamVR 2.0」のリリースを計画している、とのことです。同社の新作にして、「Half-Life」シリーズ愛好者やVALVE INDEXユーザーより期待が寄せられている『Half-Life:Alyx』に連関するものでもあるらしく、多くの改善をはらんだ新たなSteamVRとなる可能性があります。

 『Half-Life:Alyx』は3月にリリース予定。そこまでになにかしらの動きが見られるか、Valveの動向から目が離せません。