ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 1/14(火)

 ごきげんよう! 浅田カズラです。

 昨年の夏頃にクラウドファンディングが実施された、響木アオとの握手会を実現する「Project ToucH」が、どうやら先日実際に体験イベントを開催した模様です。

prtimes.jp

 握っていますねぇ、モニター越しに出ている手! やわらかなシリコン、精密な握力のロボットハンド(ヒーター内蔵で温かい)、これらが組み合わさったことで見事に「手」になったらしく、体験した方の反応は上々だった、と報告が上がっています。

 今回の良い反応を受けて、プロジェクトは早速第2弾が始動しているとのこと。「握手デバイス」を他のIPに活用できないか検討もしているらしく、今回生まれた「手」が、もしかすると一年後には普及している……なんてこともありそうですね。

 そんな未来をまた一つ感じるプレスを眺めつつ、3連休明けのバーチャル界隈ログをまとめていきます。グッズ情報にオーディション情報と、今日はなかなか分量多めです。

 

 

1/14(月)

VIVE Proシリーズ、値下げ

prtimes.jp

 新顔たちの登場によってやや立場が弱くなりつつあるVIVE Proが、本日より大幅値下げに踏み切りました。

 通常ラインナップが23,335円値下げの139,545円、スターターキットが33,010円値下げの99,990円、HMDのみアップグレードキットが23,545円値下げの70,455円……だいぶお求めやすくなりました。スターターキットならばVALVE INDEXよりは導入しやすいでしょうか。

 ある程度経ったところで価格改訂が実施されるのは過去にもVIVEやOculus Riftでもありました。VIVE Proもそろそろ「ちょっと前のやつ」になりつつある、ということですかねぇ。

 

株式会社Mogura、グッズ通販サイト「MoguMall」をオープン

mogura.co

 この業界ではおなじみな株式会社Moguraが、VRVTuber関連グッズ通販サイト「MoguMall」を本日オープンしました。

 Mogura VR News/MoguLiveのキャラクター「もぐらちゃん」グッズが今日から販売開始となり、今後はVRヘッドセット、関連アクセサリー、VTuberグッズの販売も手掛けるとのことです。法人向けの「Mogura VR Store」と比較して、こちらは全体的にコンシューマー向けの想定かもしれません。

 商品開発から販売までをもワンストップで手掛けるという同社。業界内における担当領域がさらに拡大しそうな予感です。

 

upd8のハンコ「VTuber図鑑 upd8バージョン」が発売

www.rakuten.ne.jp

 upd8のみなさんがハンコになりました。印鑑・シャチハタ通販のハンコズにて、総計35名の参加バーチャルタレントが描かれたシャチハタ、および木彫りハンコが発売開始です。

 お気に入りのあの人が描かれた、自分の名前入りのハンコ。コレクションにはもちろん、「荷物の受領印に使える」と公式で案内がある通り、ある程度は普段遣いできるかもしれません。どう使うかは、あなた次第。

 

YuNi 1/7スケールフィギュアがあみあみ限定で予約開始

prtimes.jp

 YuNi、待望のフィギュア化です。おなじみなキービジュアルの姿で、1/7スケールフィギュアに。こちら、あみあみ限定で予約開始となっています。なお、発売は8月を予定しています。

 

VAPOLLO NATIONへの出演権を獲得できるSHOWROOMオーディション開催決定

 中国初のARライブハウス「VAPOLLO THEATER」を中心に開催されているVTuberイベント「VAPOLLO NATION」への動画出演権を獲得できる、SHOWROOMオーディションイベントの開催が決定しました。

 今回出演できるイベントは上海と広州で複数都市同時開催。生配信はbilibili動画にて、さらに後日にはニコニコ動画へ動画が上がるため、かなり多くの人の目に留まりうる機会となりそうです。

 1位は10分、審査員特別賞には5分の出演時間が最終的に与えられる模様です。さらに一定ポイントを超えればオリジナルアバター制作権もゲットできる模様です。

 

「リブドル!」次期メンバー候補生オーディション開催決定

www.happyelements-ap.co.jp

 同じく中国を中心に活動し、直近は日本語展開も目立ってきた中国発バーチャルアイドルプロジェクト「リブドル!」にて、次期メンバー候補生を募集するオーディションの開催が告知されました。

 募集条件はなかなかにハードルが高め(ざっくりまとめると「日本語がコミュニケーション取れて中国語を話せるor習得意思がある、18~26歳の日本在住可能な女性」)ですが、合格後は大手芸能プロダクション「アミューズ」バックアップのもと、プロ講師による3〜6ヶ月の育成プログラムおよび審査を受けられるとのこと。手厚いルートのもとでバーチャルアイドルデビューできる可能性があります。

 活動範囲は日本および中国圏。アジアを中心にグローバルに活躍できる道が一つ開かれました。

 

Palette Project、新アイドル候補生オーディション開催決定

peraichi.com

 そして、日本のバーチャルアイドルプロジェクト「Palette Project」も、新メンバーのオーディション開催が決定しました。

 18歳以上の女性、かつ都内へ通えることが条件(しかし都内に社員寮を用意してくれるらしく、遠方からの応募もOK)。プロ経験は不問で、さらに現役VTuberも大歓迎! 先日AVATER2.0から移籍した、雨ヶ崎笑虹に続く事例があるやもしれません。

 ボイトレやダンスレッスンは運営負担で受けることができるとのこと。社員寮の存在も加味すれば、こちらもなかなかに優遇されています。コンスタントな活動が根強いPalette Projectの、新たなアイドル候補生誕生の予感です。