ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 4/29(水)

 ごきげんよう! 浅田カズラです。

 本日より開催となった「バーチャルマーケット4」。これまで時間の都合とか「なんかハードルあるな……」という感じで会期中行けずじまいだったのですが、今回は知り合いに誘われ、初めて会期中に行ってきました。

 いやぁ~今回気合の入りようすさまじいですね……まだ2つの会場しか回れてないんですけど、作り込みがすさまじすぎる。これ回ってるだけでも楽しい。そのうえでkawaiiアバターとかカッチョイイアバターとか見つけて試着するわけで、「探検とショッピング」が混ざったような、なんなら「宝探しの探索」のような感覚。やっぱりこれ、新しいショッピングの形だなって思った次第です。

f:id:kadura-asada:20200429233516p:plain

 今回はVALVE INDEXとともに訪れたのでアバターの使いこなしもグレードアップ。同行者含めて特に評判のよかったこちらの「サーシャ」は即購入しちゃいました。どこで使おっかな~と思ってた矢先に、VRChatからアバターアップロード解禁のお知らせも届きました。タイミングがよろしいようで!

 やっぱVRChatって複数人で遊ぶのが正解だなと気づいた2020年の昭和の日。この日のバーチャル界隈は、バーチャルな市場を軸に大きな動きがありました。

 

 

4/29(水)

ARでお買い物ができる「ARTANA」が期間限定でリリース

prtimes.jp

 バーチャルマーケット4の開催期間に合わせて、VR法人HIKKYより、ARを活用したお買い物サービス「ARTANA」がリリースされました。

 スマホWebベースのARサービスで、専用サイトにアクセスし、PC上に表示した「ポップ」をカメラに収めるとショップが展開され、眼前に商品棚が出現するというもの。

f:id:kadura-asada:20200429223154g:plain

こんな感じに!

 今回はセブンイレブンを模したバーチャル店頭にて、『NieR:Automata』の関連グッズが販売されています。お買い物をすると、実際に『NieR:Automata』ゲーム中で使用された武器の3Dデータがプレゼントされるとのことです。こちらの「開店」期間は4/29~5/10、バーチャルマーケット4会期中と同じ期間となっています。リアルショッピングとネットショッピングのあいのこのような、新たな形のショッピングになるやもしれません。

 

『NieR:Automata』公式バーチャルアイテムショップにて、2Bと9Sの公式3Dアバターデータが発売

www.v-market.work

 そして、『NieR:Automata』の公式バーチャルアイテムショップにて、作中主人公の2B、9Sの「公式3Dアバター」が発売となりました。同作品中にて実際に使用されていた、まぎれもなく「本物」の3Dデータをもとにした(あえていうならば「公式ぶっこぬき」でしょうか…)、VRChat対応のfbx形式モデルとなっています。

 ゲームで実際に使われた3Dモデルを「自分で着る」ことができる……すばらしい時代がやってきました。ちなみにこちらのモデルはバーチャルマーケット4・セブン‐イレブンでも展示されているとのことです。

 

セガ公式バーチャルアイテムショップにて、『スペースチャンネル5 パート2』『Virtua Fighter』の公式3Dアバターデータが発売

www.v-market.work

 さらにセガの公式バーチャルアイテムショップでも、『スペースチャンネル5 パート2』の主人公・うらら、『Virtua Fighter』の結城晶パイ・チェンの、アバター向け調整がなされた公式3Dモデルが発売となりました。

 こちらもオリジナルの3Dデータが元となっている可能性が高そうです。セガの往年の名作のキャラクターたちになれる……往時のファンにはたまらないでしょう!とりわけVR版な新作も登場したスペチャンのうららアバター、これはみんなで踊ってみたが映えるのでは。

 

根間うい、沖縄物産支援プロジェクトを始動

okinawaclub.jp

 バーチャル空間のマーケットが活況を迎えた本日ですが、リアル側もから素晴らしい動くが見られました。沖縄ご当地VTuber・根間ういが、沖縄物産支援プロジェクトを始動しました。

 新型コロナの影響は沖縄も例外ではなく、とりわけ観光業は大きな損失を被っているとのこと。これを支援するべく、販売先を失って困っている様々な商品を「沖縄物産詰め合わせ」として販売するというプロジェクトとのこと。お値段的にもお得な2つのセットがそろっています。さらに送料はなんと無料です。

 キーワードは「おうちでゆいまーる」。「助け合う」「一緒に頑張る」という意味の「ゆいまーる」という沖縄の言葉をキーワードに、リアルを助けるべくバーチャルの奮闘が始まっています。