ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 12/12(木)

 ごきげんよう!浅田カズラです。

 いまやモーションキャプチャーは、リッチなゲームをつくる上でなくてはならない技術の一つ。2019年のビッグタイトルの一つでもある『DEATH STRANDING』でも、もちろん活用されています。その様子を撮影した動画がなかなかにおもしろいです。

www.youtube.com

 その規模におどろきつつも、しかし使われている技術は、実はVTuberにも活用されていそうなものが多いです。AAA級ゲームもVTuberも、技術的には同じ血が流れているかもしれない……ということを、あらためて認識してみると、この業界の技術的なパワーと、その発展速度に驚かされます。『DEATH STRANDING』、ちなみにめっちゃおもしろいゲームですよ。

 そんな技術の宝庫な業界でもああるバーチャル界隈、本日はどんな出来事があったか、忘れないうちに記録していきましょう。

 

 

12/12(木)

ドーラとまりなす(仮)が3Dにてコラボ


 なかなかにめずらしい枠組みのコラボです。にじさんじのドーラとまりなす(仮)のコラボ配信が実施されました。ちなみに、この日のまりなす側の参加者はりん、なほ、すばるの3名でした。

 実はドーラはまりなす(仮)の大ファン。いわばファンとアイドルのコラボでもありますが、同時に「DIVE XR」での共演経験もあるメンバーでもあります。そんな「DIVE XE」やにじさんじFesでも使用されたドーラの3Dモデルは、本日で見納め。明日にはリニューアルされたモデルでの正式なお披露目配信が実施される予定です。

 

「ネット流行語100 2019」大賞発表会に御伽原江良が出演決定

  今年もVTuber関連のワードが多数ノミネートされている、ニコニコ大百科ピクシブ大百科主催、「ネット流行語100 2019」。その大賞発表会に、ノミネートされている当人でもある、にじさんじの御伽原江良が出演することが発表されました。

 いろいろな意味でインターネット全土を湧かせ、来年には森中花咲とのメジャーデビューも決定している、まさに2019年の時の人ともいえる人物が、外部イベントに生出演……というわけですが、はたして無事に終われるか?ギバラ!?大賞発表会は12/15に放送予定です。

 

XRコンソーシアム、「XRC Meetup vol.0」開催決定。総務省のゲストを招いて意見交換を実施予定

www.moguravr.com

 日本のXR業界の代表団体として発足されたXRコンソーシアムが、ミートアップ「XRC Meetup vol.0」の開催を決定しました。

 初回のテーマは「技適」。VRバイスのワイヤレス化などで課題としてあがってくる技適について、総務省技適の特例制度の創設に携わったゲストを招き、業界関係者との意見交換が実施される予定です。

 民間企業と行政機関が、このような場に集って意見交換をするということ自体が相当にレアケース。どのような意見が交わされるか注目したいところ。ちなみにデジタルハリウッド大学にて、定員150人で無料で参加できるみたいですね。

 

ナーブ株式会社、NTT東日本と業務提携

www.nurve.jp

 不動産内覧VRを中心にVRサービスを多く展開しているナーブ株式会社が、NTT東日本との業務提携を発表しました。

 ナーブの持つVR技術と、NTTの持つICTサービスや地域リレーションを融合させ、実務的なVRサービスを安定した通信環境にて展開するべく、今回の提携にいたったとのこと。その代表的事例として、大型商業施設にて展開中の、不動産や車、旅行等の商品を、購入する前にVRでリアルに体験できる「どこでもストア」の通信環境、クラウド基盤の強化を図っていくとのことです。

 大容量のデータを送受信するVRサービスにおいて、インフラ面の整備は急務の課題として生じやすいものです。NTTという最大クラスの企業との提携は、ナーブの様々なビジネス展開に大きな利益をもたらしうるでしょう。