ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 11/7(木)

 ごきげんよう! 浅田カズラです。

 未明にFictyのアカウントが、「KMNZのロゴマークの不正利用」についてアナウンスしました。ロゴを無断で使用したTシャツを、SUZURIにて販売していたというものです。白眉と感じたのは、一ファンからの投稿から1時間という対応の速さ。削除まで2時間もかかっていないのがすごいですが、このあたりはKMNZの二次創作ガイドラインが明確であったおかげかな、とも個人的に見ています。

 KMNZ公式ガイドライン#KMNREMIX」は、昨年8月に制定され、業界内でもかなりめずらしいほどに詳細かつ事項多め。これが功を奏した事例、なのかなと。ルールの明記と、その周知は非常に大切ですね。

 というわけで、これを書いてるつい先ほど『DEATH STRANDING』が上陸し、そして来週にはポケモン新作が……ゲームが降ってくる! そのヤバさに震えながら、本日のバーチャル界隈ログを出力していきます。

 

 

11/7(木)

VIVE Cosmos ワイヤレス化キットが米国にて発売

uploadvr.com

 早速出てきました。VIVE Cosmosのワイヤレス化キットです。お値段350ドルとのことで、米国にて販売開始です。

 「その位置につけるか!」というなかなか奇抜なフォルムですが、インサイドアウト方式なCosmosにはワイヤレス化は鬼に金棒なアイテム。おそらく日本では技適の関係でまだきついかもしれませんが……いずれ手に届くことを願いたいですねぇ。

 

東京⼤学バーチャルリアリティ教育研究センター、「サービスVR寄付研究部門」を新設置

vr.u-tokyo.ac.jp

 東京大学の全学組織・連携研究機構である東京⼤学バーチャルリアリティ教育研究センターにて、「サービスVR寄付研究部門」という部門が新たに設置されました。

 「サービスVR」という新ジャンルとして、ものづくりの分野ではなくサービス産業におけるVR・ARにフォーカス。対⼈サービスと空間サービスの観点から研究を行う組織として活動していくとのことです。

 VRアバター接客や、ARによる空間プロモーションなど、この手の分野はビジネスシーンで数多く見られるところ。これを学術的に研究していく組織が最高学府にできたのは、xR領域の大きな先行きが期待できる兆しかもしれません。

 

オムニ7×東雲めぐキャンペーン。今年は配信へのゲストVTuberを募集

shinonomemegu.com

 オムニ7と東雲めぐは、昨年にお正月にちなんだコラボを実施。おせちが買われた数だけ企画が実施され、元旦には視聴者とおせちを食べるなど、けっこう密な企画を展開していました。

 今年もこの二者がコラボを実施することを発表しました。今回は、おせちを購入した現役VTuberが、東雲めぐのお正月特別配信にゲスト参加できるというものです。購入したおせちを食べながらの声での出演になるらしく、なるほど、めぐちゃんと元旦をおせち食べながら過ごすということですね……

 「現役」を対象としているため、参加条件は明確かつそこそこ高め。とはいえ、普段から活動している方なら、問題なく参加できるでしょう!

 

ときのそら、ピアニスト・まらしぃとコラボ生放送実施へ

 

prtimes.jp

 ときのそらが、ニコニコ動画生まれの著名なピアニスト・作曲家のまらしぃとの生放送コラボを実施するとのことです。2008年から活動を開始し、いまやインターネットを代表するアーティストの一人となったまらしぃの名をご存知の方も多いでしょう。

 企画内容は、両者の音楽セッション、まらしぃのバーチャル美少女化企画、さらにピアノレッスンとかなり盛りだくさん。ときのそら自身、1周年記念配信にて運指再現技術とともにピアノ演奏を披露できる腕の持ち主なだけに、卓越したピアノ奏者であるまらしいのレッスンを受けたらどうなってしまうのか……? 期待が高まります。

 放送は11/21にて、全3部。第1部はニコ生にて無料配信、第2部はまらしぃチャンネルにて、第3部はときのそらオフィシャルファンクラブにて、それぞれ会員限定配信となるとのことです。