ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 6/4(火)

 ごきげんよう! 浅田カズラです。

 先日開催された「バーチャルリアルT」は、どうやらかなり良い反響があった模様です。その様子を参加者の一人、clocknote.さんがnoteにて伝えていました。

note.mu

 VTuberをよく知らないけれど「おもしろそうだから」と訪れた人が多かったというのはおどろき。いろんな文化入り交じる原宿だからというのもありそうですが、クリエイター自らがバーチャル化して登場する、というインパクトはあるかもしれませんね。

 そうした現地の様子や、「未来のアバター社会」についての氏の展望などは、なかなか読んでいてエモく、そしてハッとさせられる箇所も多かったです。「誰もがアバターを持つ時代」になったとき、VTuberはその世界における著名人に位置づけられていくのかもしれない――案外、その未来は遠くなさそうなんですよね。

 エモつきはこのくらいにして、本日のバーチャル界隈ログ、以下にドドンとお出ししていきます。エモエモ。

 

 

6/4(火)

Apple、ARKit3を発表

www.moguravr.com

 今日はAppleから目玉情報がラッシュでした。開発者会議WWDC2019にて、新型Mac Proや、iPadが独自OS「iPadOS」へ移行するなどの発表が行われましたが、この中でAR関連の新展開としてARKit3が発表されました。

 強調されたのは「モーションキャプチャ」と「ヒューマン・オクルージョン」。前者はまさにいま流行りのカメラ単独での全身キャプチャ。ついにAppleも乗り込んできました。そして後者は「ARオブジェクトと人間の前後関係の把握」とでもいうもので、早い話がARで表示されたマイクラのブロックの後ろに人間が隠れられるようになるという感じ。書くだけではシンプルですけどとんでもなく画期的なことです!

 他にも、開発用のフレームワークやコンポーザーも発表され、AppleのARへの力の入れ具合があらためて明らかになりました。

 

白上フブキ&夏色まつり、中国・上海のComicup24のイベントステージへ出演決定

 ここ最近は連日のようにホロライブ関連のニュースが飛び込んでいますね。今日入ってきたのはイベント出演のお知らせです。

 舞台となるのは中国は上海。Comicup24という中国のコミケのようなイベントにて、bilibiliのステージイベントへ出演するとのことです。まつりちゃんのツイートを見る限りだとふたりとも現地へ乗り込む感じでしょうか? 

 現地ではバンドリやアズレン関連のイベントの他、お歌を披露する枠も用意されているようです。人気である中国本土での初のイベント、存分に楽しんできてほしいですね。

 

Luppet、法人ライセンスを販売開始

www.pixiv.net

 LeapMotionだけで、3Dモデルのバストアップを腕も含めて動作させることができるツール「Luppet」が、法人向けライセンスの販売を開始しました。前年度年間売上3000万円未満のPro版と、それ以上となるEnterprise版がラインナップに加わり、企業VTuberへの利用の門戸が開かれました。

 実はLuppetはAVATER2.0にも採用実績のあるツール。あのオーディションを勝ち抜いたタレントたちによる連日のSHOWROOM配信にも耐えているのだから、その有効性と信頼性は折り紙付きといってよいでしょう。もちろん、個人向けのライセンスは引き続き販売中。LeapMotionの在庫状況も落ち着いているようですし、まださわっていない方、ぜひタッチしてみてはいかがでしょうか。

 

『ソード・オブ・ガルガンチュア』6/7に正式リリース決定

prtimes.jp

 4人マルチプレイにも対応した、VRオンライン剣戟アクション『ソード・オブ・ガルガンチュア』が、ついに6/7に正式リリースすることが決定となりました。対応デバイスOculus Rift/RiftS、Vive、Windows MR、そしてOculus Quest。これ以上とないほどQuest映えするであろうタイトルになること、間違いなしでしょう!