ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 5/15(水)

 ごきげんよう! 浅田カズラです。

 海外(とりわけアメリカ)では、バーチャルはかなりのリアル路線。「バーチャルインフルエンサー」という、現実の人間と区別がつかないレベルのバーチャルな存在が流行していることはご存知の方もいるでしょう。

 この流れとして、「TEDカンファレンス」にて、登壇者と連動するリアルなアバターとともに講演をするという試みが行われました。

www.moguravr.com

 あまりにも精巧、そして驚異の表情トラッキング。本人と似たアバターも、だいぶ異なる亜人も操作できる、というすさまじい光景がそこにあります。文脈こそ日本のバーチャルとは異なりますが、このような光景……出てくるかもしれませんよね。マジで。

 さて、本日はマジで激動の一日でした……嵐のようなバーチャル界隈の出来事、まとめてまいりましょう。

 

 

5/15(水)

花譜 1st EP『花と心臓』リリース

linkco.re

 バーチャルシンガー・花譜、初のEPとなる『花と心臓』がリリースとなりました。『糸』『魔女』『絡繰と心臓』の3曲を収めた、最初のマスターピースになっています。配信限定で、各音楽配信プラットフォームにて購入可能です。

 

Kizuna AI 1stアルバム『hello, world』発売

2018hello.world

 そしてこちらも。バーチャルアーティスト・Kizuna AIとしての初のアルバム『hello, world』が本日発売となりました。これまで発表されたオリジナル楽曲や、DVD同梱版には昨年末のライブや『AI AI AI』MVがおさめられている、こちらもマスターピースとなりうる一枚です。ちゅめろ!!

 

ポムポムプリン、因幡はねるのコスプレを披露

 因幡組のみならず、VTuber界隈全体が震撼したであろう本日のビッグニュース。あの、サンリオのポムポムプリンが、突如としてどう見ても因幡はねるの制服にしか見えないコスプレを披露しました。ねるちゃん本人は言わずもがな、ななしも全く知らなかった様子なので、プリンくんによる完全な奇襲です。

 いちおう、上掲のツイートしか発信されておらず、正式な声明が出されてないため確定は実はできないのですが……あまりにも「どう見ても」なので、ほぼ確定でいいのではないでしょうか……

 VTuberとのコラボのみならず、自らバーチャルSHOWROOMERを送り込んでいる昨今のサンリオの機動力、なによりねるちゃんのこれまでの活動の積み重ねが呼んだともいえる奇跡。バーチャルドリームがまた一つ叶った瞬間です。

 

ハッカドール、8/15にサービス終了へ

blog.hackadoll.com

 君にシンクロするニュースアプリ、ハッカドール! あなたの毎日もはかどっていたことでしょう。

 そのハッカドールが、なんと5周年を迎える8/15にサービスを終了することを告知しました。アプリのみならず、ブログやYouTubeチャンネルなどに「サービス終了後もしばらく残しておく予定です。」とあり、もしかするとIPとしてのハッカドール自体がクローズへ向かっている可能性があります。

 これ以上の継続提供は難しいことから、昨年末には終了を決定していたとのこと。2018年からはVTuberとしての活動も実施し、社築とのコラボも話題になるなど、バーチャル界隈にも親しい存在だっただけに、寂しい一幕です。とはいえ、まだ3ヶ月は残されています。社ちゃんの言葉のように、最後まで応援していきましょう。

 

名伽尾アズマ、引退表明

 そして、にじさんじの名伽尾アズマが本日引退を表明しました。にじさんじSEEDs 1期生としてデビューし、同期の中でもとりわけパワーのある存在として輝いていただけに、この突然の表明は衝撃でした。

 悲壮感は少なく、明るく引退まで活動する空気が感じられるため、今回も笑って見送ってあげるのが最善でしょうか。最後の配信は5/31になるとのことです。OTN組はとりわけ大きな笑いをもたらしていきましたね……なにはともあれお疲れ様でした。

 

昨日から今日にかけて見かけたVTuberデビュー情報

「オーディションに受かって3Dモデルのバーチャルアイドルとしてデビューするはずが途中でプロジェクトが潰れて2Dのまま放り出された女」こと、柚子花

 昨年の10月の末ごろに、「ゆるべ~る」というVTuberユニットのオーディションが開かれ、3名のタレントの魂が募集されていました。このオーディション、その後音沙汰がなかったので不安視してたのですが、残念ながら予感が的中しました――あまりにも予想外の形で。

 柚子花は、この「ゆるべ~る」の一人としてデビュー予定だったVTuber。彼女の自己紹介を借りるなら、「オーディションに受かって3Dモデルのバーチャルアイドルとしてデビューするはずが途中でプロジェクトが潰れて2Dのまま放り出された女」。オーディションの顛末が、まさかの本人がそのまま出てくるという形で明かされるという、おそらく前例が見当たらないケースです。

 彼女、にっちもさっちもいかなくなってた時、じーえふ改めエハラミオリに長文メールを投げつけ、その末に「Twitterデビューしとけ」というアドバイスのもと、今回の生誕に至ったとのことです。彼との関係は実にバチバチです。コロッセオか?

 Live2Dモデルも獲得し、昨日の22時ごろに生まれ、そして本日の22時に初配信を実施しました。あまりにも前途多難ながら、当初の体のままデビューしたという、新たなモデルケース。果たしてどんな旅路がこれより待ち受けるのか……数奇なVTuberが、ここに誕生しました。

 

岩本町芸能社の新人、立花鈴&谷田透佳の「Mar ple」

www.youtube.com

 そして、じーえふ……改め、エハラミオリがディレクターを担当することとなった、岩本町芸能社の新人、立花鈴&谷田透佳が、本日「MARPLE」というユニット名でデビューしました。

 待望の岩本町の新人。その実体はディレクターの言葉を借りれば「やたらと強い言葉を使う二人組」。言動がめっちゃキレッキレです。自己紹介なのにどこか漫才を見ているような心地になります。

 彼が関わるVはことごとく傑物か「運命の子」になるさだめなのか……その事務所のネームバリューふくめ、どのような活躍を見せるか期待です。