ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 5/13(月)

 ごきげんよう! 浅田カズラです。

 業界そのもののニュースとしてはちょっと広いものの、ものすごく大きな動きがありました。技適の特例を含む法案の成立です。

www.moguravr.com

 「技術基準適合証明等(技適)を未取得の機器でも、一定の条件下で届出を行えば国内での試験利用が可能になる特例制度」も含まれており、こうした制度はこれまで技適未取得だった海外産のXRデバイスを日本に持ち込めるようになるかもしれません。開発が大きく加速し、XR領域がさらに拡大するかも……?

 施行は2020年から。この法案によって業界がどう動くか、門外漢ではありますが期待したいところです。

 そんなこんなで月曜日がやってきました。今週もバーチャル界隈ログ、よろしくお願いいたします。

 

 

5/13(月)

にじさんじ、キャラ先行型オーディションを半年ぶりに開催決定

prtimes.jp

 にじさんじからひさびさに、キャラ先行型のオーディションの開催が告知されました。開催は実に半年ぶりです。

 今回も公開されているのは5枠。うち一体はあのParyiママデザインです。応募期間は5/13~5/23にかけてになります。

 ……なお、前回にて募集された、我らがユードリック(およびフミ)は、結局現在も未決定のままであることが通達されてしまいました。今後再募集もあるかもしれないとのことですが……?

 

17Live×upd8、「“アコガレを超えてゆけ!”V-Liverタレントオーディション」開催決定

prtimes.jp

 400人ほどのVライバーが活動し、一部はこれ一本で生計が立っているという17Live。バーチャル界隈のひそかなフロンティアたるこの地より、あのupd8への参加権利を得られるかもしれないオーディションが開催決定となりました。

 「“アコガレを超えてゆけ!”V-Liverタレントオーディション」は、事前開催の説明会へ参加の後にオーディションへ突入、これを勝ち抜き最終選考を勝ち上がったものは審査の後、クリアした者のみがupd8への参画の切符を手にします。人数は明かされていませんが、そこは配信者たちの熱量次第、といったところでしょうか。

 このイベント開催に際して、ふくやマスターが5/20 19:00から17Liveにて配信を行うことを決定。さらに他にもupd8のバーチャルタレントが17での配信を予定しているとのことです。

 なにはともあれビッグなチャンス。ライブ配信未経験者でも参加できるように説明会が開かれるとのことなので、いまからバーチャルで大きくなりたい人もぜひ挑んでみましょう。

 

Colon:が個人勢にも使用解禁

 これまで主にupd8やRe:AcTを中心に配信が展開されていたColon:が、個人勢にも解禁されたとのことです。事前審査を通過する必要があるとのことですが、これは大きな一歩でしょう。そして個人勢第1弾として、北条院エレガが認証配信者となったことも明かされました。

 

「VisionPose Single3D」使用アプリが公開

ミチコン-VisionPose Single3D-

ミチコン-VisionPose Single3D-

  • NEXT-SYSTEM CO., LTD.
  • エンターテインメント
  • 無料

 「スマホカメラ単独での全身トラッキングが可能」というすごいシステム「VisionPose Single3D」を採用したアプリが、同システムの開発元より「ミチコン-VisionPose Single3D- 」としてリリースされました。

 同社の看板広報キャラ(VRoid製)をモデルに動かすことができるアプリで、推奨端末はiPhone XR、およびiPhone XS/XS Max。推奨ではないiPhone Xにて試してみましたが、ぎこちないもののたしかに骨格検出している……! 推奨端末での動作報告が見たいですね!

 

エモモにVTuberとのツーショット撮影機能が実装

prtimes.jp

 Mirrativ内に実装されている、アバターを用いた配信機能・エモモに、VTuberとのツーショット撮影機能が実装されたとの発表がありました。

 VTuberの配信中に使用可能で、公開されているイメージ図はまさにチェキのような構図ができています。アバターを含めて「同時にそこにいる」という生配信が、結構お手軽に実現するかもしれませんね。

 そして、イメージ図に起用されている富士葵が、Mirrativにて初の配信を行うことも決定。先日発表された2ndシングルリリースを記念しての配信になると同時に、このツーショット機能を初めて導入する配信になるとのことです。

 

名古屋にて大型VTuberイベント「ナゴヤVTuberまつり」が開催決定

prtimes.jp

 名古屋にて、中京テレビが大規模なVTuberイベントを開催することを告知しました。(五月雨に情報は出てましたが、まとまったプレスは本日発)

 「ナゴヤVTuberまつり」は、6/1~6/2にかけて開催される「中京テレビまつり2019」内のイベント。中京テレビのVTuberである大蔦エルとキミノミヤがMCを務め、リアル側のゲストの他、富士葵、花鋏キョウ、獅子神レオナが出演するライブや、ふくやマスター、懲役太郎、そしてバーチャルアメザリが登場するトークショー、さらに全国のご当地VTuberを生で結ぶ生中継リレーなど、バーチャルにも染まった総合サブカルチャーイベントになる模様です。

 すでに上述のバーチャルタレントが出演を予定していますが、今後も順次発表されていくとのこと。続報を待ちましょう。

 

ZERO Project魂オーディションの結果発表

 ZERO Projectが送り出す新人VTuber「れいちゃん(仮称)」の魂を選出する「ZERO Project魂オーディションの結果が発表されました。

 SHOWROOMにて大勢の魂がしのぎを削った末、選ばれたのは「mix師れいちゃん」でした。おめでとうございます! お披露目配信の日程などは後日発表とのことです。

 

YuNi『Write My Voice』MV公開

www.youtube.com

 そして先ほど、YuNi『Write My Voice』のMVが公開されました。

 こちら、ただのMVではありません。先日開催の「さよなら平成カウントダウンライブ UNiON WAVE – clear –」のダイジェストムービーでもあると同時に、同ライブ内にて披露されたこの曲の舞台設定を表現するようなものになっています。

 みんなの声が作り上げていくバーチャルシンガー。そのコンセプトが美しく組み上がった非常にエモいMVです。先日のライブを見た人も見てない人も必見ですよ。