ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 2/5(火)

 ごきげんよう! 浅田カズラです。

 みなさん。早起きは得意ですか。浅田は絶望的なまでに苦手です。そして浅田、今日は6:30起床だったのですねぇ。なので……相当に……眠く……ご容赦くだせえ……眠いんだ……!

 2/5のバーチャル界隈の出来事、以下のようになってます。どうぞよしなに。

 

 

2/5(火)

日経BP「第17回日本イノベーター大賞」 日経クロストレンド賞にキズナアイ

prtimes.jp

 日経BPによる「日本イノベーター大賞」が発表されました。2002年より始まった「日本の産業界で活躍する独創的な人材にスポットを当てる」この賞は、今年で17回目を迎えます。

 受賞理由は以下。

バーチャルYouTuberの草分けとして、ブームのけん引役になった」

動画サイト「YouTube」内で活動する「VTuberバーチャルYouTuber)」。VR(仮想現実)やモーションキャプチャーなどの既存技術を活用して2016年に登場。18年のVTuberブームの立役者といえる。デジタルなキャラクターの姿ながら活動と表現の幅を広げており、組織の広告塔やタレント、キャラクタービジネスの新展開など、新たなビジネスチャンスとして様々な企業や自治体が注目している。

(上掲プレスリリースより引用)

 そして、同賞の「日経クロストレンド賞」を、我らがキズナアイが受賞することになりました。そして2/26に開かれる表彰式には……彼女ではなくActiv8代表取締役の大坂武史氏が出席する模様です。

 

月ノ美兎・新衣装デザインコンテスト結果発表

www.moguravr.com

 昨年10月末より開催していた、月ノ美兎の新衣装デザインコンテストが、昨日彼女の配信にて結果発表となりました。

 「バーチャルアイドル月ノ美兎」というテーマのもと集められた、グッドデザインからカオスなネタまで。配信中に幅広く紹介していくのみならず、事前に告知されていた賞に加えて臨時に作られた賞も設けられ、実に多くのデザインがお披露目となりました。

 それぞれの受賞作品は上掲MoguLive記事から、その他のピックアップ衣装はアーカイブを参照されるとよいでしょう。そして優秀賞はLive2D化、最優秀賞はLive2D化に加えて3D化も果たします。夢のバーチャルアイドル2.0、いよいよ間近に迫ってきましたね。

 

おめがシスターズ、YouTube公認コントリビューターに

www.youtube.com

 数多くの笑いと美声を送り届けてきた傍ら、YouTubeの機能紹介にも積極的に取り組んできたおめがシスターズ。なんと本日、YouTube公認のコントリビューターとして認証されたことが発表されました。

 YouTube コントリビューターとは、YouTubeをよりよいものにするために、「活用方法を紹介する動画を作成」「ヘルプフォーラムにて多くの質問に回答」といった活動を通して協力していく存在を指します。YouTube コントリビューター プログラムに参加した人は、新機能の先行案内といったうれしい特典もあるみたいです。この肩書を持つ人は数十人ほどであり、おめシスは(おそらく)VTuberとしては初になります。

 YouTube機能紹介関係の動画は、今後YouTubeヘルプチャンネルの動画リストに掲載。700万人が登録するチャンネルに、おめシス動画がリンクされる。名実ともに「YouTubeの案内人」になった2人のさらなる活躍に期待が高まります。

 

あにストに新展開か? 「ブイアパ」と銀猫ななしを名乗るアカウントが登場

 あにまーれ・ハニーストラップの背後に立つ、影の立役者にして謎めいた存在、ななし。あにまーれには黒猫ななし、ハニストには灰猫ななしがいますが、本日「銀」が加わりました。

 銀猫ななしを名乗る謎のアカウントは、「ブイアパ」というアパートの管理人を自称。「ブイアパ公式アカウント」も名乗っています。そしてブイアパとは、個人Vtuber・クリエイターなど「不思議な住人」が集まるアパートみたいで……?

 なにからなにまで急展開かつ情報量不足で、非常に謎。しかし、黒猫および灰猫と会話していることから、あにハニ新展開と見てもよさそうです。今後の情報開示が待たれます。

 

量産型のらきゃっと ロールアウト

noracat.booth.pm

 そして、以前より告知のあった「量産型のらきゃっと」が、本日よりロールアウトと相成りました。お値段5000円。貴方色に染められるアンドロイド美少女が、いよいよお手元へやってくる日が来ました。

 Twitterを軽くさらってみましたが、さっそくVRChat上で大量の量産のらきゃっとが跋扈している模様です。その様はまさに量産型ですが、操る人のカラーが出るのもまた事実。いろんな人が身にまとう、モードの最先端に立つアバターになるかもしれませんね。