ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 12/19(水)

 ごきげんよう、浅田カズラです。

 やべ、今日はなんかまえがきすることが思いつかない。思いつかないけど、もしかすると以前書いたことまた書きます。

 このバーチャル界隈、ツールもそうですが、有志設立のWebサービスやDiscordサーバも、実は相当乱立傾向にある気がしています。そして、それらをはたしてこの界隈にいる人が全員把握できているかというと……? ぶっちゃけ、怪しい気もしているんですよね。

 そしてそれ以前に、個人勢は言わずもがな、企業勢も日々増殖・加入・再編を繰り返していて、全容を把握できている人がいったい何人いるのだろうかと。

 ……そろそろ作ったほうがいい気がしているんです。この広大なバーチャル界隈の、ワールドマップを。でもちょくちょく有志の方が作ってる気もするぞ! 流れるのもったいないなオイ!!

 というわけで、本日のバーチャル界隈に起きたことを振り返ってみましょう。ログは以下です。

 

 

VTuber総数が6000人突破。ユーザーローカル最新発表

www.userlocal.jp

 つういに、そして年内に、6000人の大台を超えました。ユーザーローカルによる最新発表です。

 5000人突破から3ヶ月と1週間。日々更新していてうすうす気が付いていましたが、登場ペースは徐々に落ち着いてきていますね。いよいよ、バーチャルな界隈も安定期へと差し掛かっているからなのかもしれません。

 

「ホロライブ配信アプリ」にコラボ機能実装。所属VTuberへリリース

prtimes.jp

 数日前より白上フブキと大神ミオが使用して話題になっていましたが、正式なプレスリリースは本日発表となりました。「ホロライブ配信アプリ」に、コラボ機能が実装されました。

 スマホだけで、Live2Dモデルを複数同時に動かせ、グリーンバックいらずで重ね合わせなども行えるため、非常に臨場感の強いコラボ配信ができる機能となっています。今後は3人以上の同時表示、さらに3D同士・2D×3Dといった組み合わせにも対応できるようにしていくとのことです。

 

ⅡⅤ、「第1回ⅡⅤクリエイターアワード」を開催。アメノセイの過去を創れ

vtub0.com

 ドワンゴによって作られたオリジナルブランド「ⅡⅤ」が、新人クリエイター発掘プロジェクト「第1回ⅡⅤクリエイターアワード」を開催することを発表しました。

 そのお題となるのは、記憶喪失VTuber・アメノセイの「過去を想起させるような作品」。あくまで「if」ですが、一VTuberのシナリオを創るというのは、なかなかにエッジの効いた企画。これもアメノセイの「記憶喪失」という設定のなせる技でしょう。

 受賞者には、ⅡⅤのクリエイターとしてデビューする権利が与えられます。バーチャルを介したクリエイターデビュー、これはこれでおもしろい。

 

「Re:animation 13 in ageHa 出演権争奪戦」優勝の双理マイ、特別賞の吉七味。が出演権を獲得

vtub0.com

 ミライアカリとロボ子さんが出演するアニソン系DJフェス「Re:animation 13 in ageHa」への10分の出演枠を争う、SHOWROOM上でのオーディションに決着がついたようです。

 優勝は、Re:AcT所属の双理マイ。さらに特別賞として、『賢者の孫』オーディションも勝ち上がった育成型バーチャルタレント・吉七味。が選出されました。

 両者とも実力、ネームバリューはともに十分。大舞台での宣伝枠に文句なしの大抜擢です。