ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 9/20(木)

 ごきげんよう、浅田カズラです。

 なんと嬉しいことに、浅田、ご紹介いただきました。バーチャルブロガー・ぼーる丸さんの「ぼーる丸の部屋」にて連載中の「バーチャルブロガー特集」にて、描きおろしのイラストとともにご紹介いただきました! ありがとうございます!!

www.ballmaru.com

 ちなみに浅田、微妙にややこしいのではあるのですが、「バーチャルなブロガー」であると同時に、「バーチャル界隈系情報ブロガー」でもあると自認しています。「バーチャルなものを追うなら自らバーチャルにならねば」的なマインドです。まぁおぼえなくてもいいアレですけどね!

 それにしてもバーチャルブロガーも増えてきてますね。バーチャルな存在は動画でなくても活動できる、という一例として、今後も鋭意ブログ更新を続けていければなーとは考えております。今後ともよろしくお願いいたします。

 という堅苦しいお話はおいといて、本日分のバーチャルな界隈のログです。

 

 

バーチャルキャスト、法人向け導入プラン提供開始

virtualcast.jp

 バーチャルキャストに、法人向け導入プラン「バーチャルキャスト エンタープライズパッケージ」が新たに追加されました。本日から開催している東京ゲームショウ2018・ビジネスデイにて、Vカツブースにて案内しているとのことです。

 法人向けプランだけあり、「人数制限拡大」「追加カメラ」といった機能拡張がほどこされたものを導入可能とのことで、さらに導入前後のサポートやオリジナルアバター作成などのプランも完備。バーチャルキャスト(+Vカツ)そのものがVTuber配信プラットフォームとしてかなり完結していますし、商用利用に適していることはたしか。導入事例が増えていけば「バーチャルキャスター」が一気に増えそうですね!

 

avex×SHOWROOM、「バーチャルタレント限定」の『賢者の孫』のEDテーマアーティストのオーディションを開催

prtimes.jp

 「Vの者のオーディション」はもはや毎日のように開催されていますが、この日ついに「Vの者限定のオーディション」というものが登場しました。

 SHOWROOMavex picturesと共同開催する、「女性バーチャルタレント限定」のこのオーディションは、来年4月放送予定の『賢者の孫』のエンディングテーマアーティスト兼声優を募集するものとなっています。その名も「#さす孫オーディション」。なろう発の由緒正しき異世界転生モノのアニメ化ですね。

 応募条件を見るに、企業勢も許諾さえ取れば参加可能みたいですね。そしてついに、アニメの声優欄とアーティスト欄にVの者の名前が連なる日が……果たしてこのチャンスを掴むのは誰なのか。結果発表は11月上旬予定です。

 

にじさんじ期間限定ショップが各所にて展開

kikan-gentei.com

 グッズ展開著しいにじさんじから、新たなオリジナルグッズの展開情報が寄せられました。

 東京、大阪、名古屋の3都市、およびWEBストア「UK-mobile」にて、1期生と2期生のオリジナルグッズが販売予定とのことです。グッズ数もさることながら、展開規模も目を見張るものがあります。ついに東急ハンズにじさんじが陳列される日がくるんですねぇ。

 

ソニーが新たなHMDの特許を公開

www.moguravr.com

 公開されたのは2017年に申請されたもので、温度計やアイトラッキング用のカメラなどを搭載したこのHMDは、VR酔いを検知するものと捉えられているとのことです。また、ワイヤレス化を予見するような機能も見られるとのことです。

 VR酔いを防ぐ技術は、「視界を狭める」などの対策がすでに登場していますが、「もし起きてしまったらどうするか」は忘れがちですがたしかに大切。次世代のPSVRにこの技術が転用されるかどうか、期待したいですね。

 

少年ジャンプ作品からもVTuber

www.atpress.ne.jp

 そして最後は「VTuberデビュー情報としては早いかな…?」と思ったので普通のニュースとして。

 株式会社BUZZCASTは、集英社との共同事業として、「少年ジャンプ+」で連載中の『悪魔のメムメムちゃん』『終末のハーレム』のキャラクターをVTuber化させることを発表しました。『悪魔のメムメムちゃん』からは、メインキャラのメムメムちゃんがVTuberになることが決定しているとのことです。Webショートアニメのキャストそのままだとしたら、CVは高橋花林でしょうかね。

 ニー子、宇崎、キャサリン・ワード、でんじゃらすじーさんハート様、そして先日は『甲鉄城のカバネリ』の続編キャラからVTuber化と、アニメやマンガから新規ファン獲得のためにVTuber展開する事例が一気に増えてきました。先日、すーぱーそに子月ノ美兎と共演したように、バーチャルな人間とキャラクターが当たり前のように交流し、いつかその境目が消えてしまう日もくるかもしれませんね。