ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

バーチャル界隈ログ 8/9(木)

 ごきげんよう、浅田カズラです。

 ちょうど昨日、「VTuberをこれから新規で追う人はどこから入ればよいのか?」という話題でちょっとタイムラインがもちきりになったのですが、そのきっかけになった人にぱりぷろのユメノシオリさんが直接リプライを投げ、チャンネル登録に成功させるという流れを見ました。このことから、最強の解は「VTuber本人が売り込む」であることが明らかになったわけです。売り込め!売名しろ!

 というわけで、本日のバーチャル界隈のログ、書いていきますね。

 

 

「エモモ」β版公開1週間で実利用者が4000人突破

prtimes.jp

 朝に見てびっくらこいたニュース。ミラティブ直結のアバター作成&配信ツール「エモモ」が、β版公開からわずか1週間で実利用者数が4000人を突破したというプレスリリースが発表されました。

 Vカツも2万DLを記録したとのことですが、「エモモ」はミラティブに直結していることもあり、アバターができれば即VTuberになれる点が強み。この点を指して、ミラティブ側は「1週間でVTuberが4000人増えた」と称しています。

 さすがに実利用者数=VTuberで換算するのは少し大雑把な感じもしますが、これがプラットフォーム直結サービス最大の強みなのだと思い知らされる出来事となりました。これが「カスタムキャスト」や「Vカツ」、「REALITY Avater」が実装された日には……8月がとんでもない月になる予兆がひしひしとします。

 

「C3AFA TOKYO 2018」に、.LIVE勢総出演

 .LIVE所属のシロ、ばあちゃる、アイドル組が、キャラクター&ホビーイベント「C3AFA TOKYO 2018」のステージのトークイベントに出演することが決定しました。

 各々、様々なイベントへの登場が増えていますが、これはなんと全員出演らしいというのだから驚き。果たした収拾つくのか。いったいどんなイベントになるのか!

 

にじさんじ公式コミカライズ始動

comic-walker.com

 キャラクターコンテンツとしてのVTuberが花開いた事例。にじさんじの公式コミカライズが、本日よりComic Walkerで連載開始されました。

 第1話は1期生のうち6人が登場し、初期配信エピソードをもとにしたネタを盛り込んだ4コマとなっています。洗濯機の上で配信しムカデ人間について回答する委員長とか!

 現実の配信のネタをもとにした二次創作がこれまでのにじさんじ主流でしたが、これを公式から提供していくスタイル。こうした売り方が今後VTuber界に増えていくでしょうか。

 

Gugenka、コピーアバター『コピbot』と、専用プラットフォーム『AvaTalk』公開

gugenka.jp

 東雲めぐでおなじみのGugenkaが、コピーアバター『コピbot』と、これを運用するOculus Go専用プラットフォーム『AvaTalk』を発表しました。

 『コピbot』は音声認識で文字を起こし、音声合成でしゃべることで、中の人がいなくてもバーチャルタレントを稼働させることができるというもの。中の人のスケジュールに左右されず運用できる、新しい基軸を生み出し得るサービスとなりそうです。なお、『AvaTalk』はしばらくは一般公開されないとのことです。

 

ドワンゴが新配信ソフト「N Air」β版リリース

panora.tokyo

 ドワンゴ側も新たなソフト「N Air」のβ版をリリース。NLEに続く新たな配信ソフトで、CPU負荷軽減に加え、ニコ生以外のサイトへ配信可能というおもしろい特徴があります。VTuberの配信ツールの一つの選択肢になるでしょうか。

 

ゲーム部アニメ化!? WFLEがIP展開支援へ

prtimes.jp

 連日ニュースをぶっこんでくるWFLEですが、本日はゲーム特化型VTuber集団「ゲーム部プロジェクト」のIP展開支援に名乗りを上げてきました。

 グッズ化、コミカライズといったメディアミックス展開の支援を行い、最終的なゴールはなんとアニメ化!?とのこと。先日公開された「REALITY」の出演ラインナップに彼らの名が連なっていたのも、この協賛の一環とみなせるでしょう。もとより非常にアニメ・ラノベライクな設定なこともあり、メディアミックスが映えることは間違いなしでしょう。

 そして、このプレスリリースで「株式会社バーチャルYouTuber」という企業がゲーム部の運営であることがばっちりわかりました。いや、お会社名まじでそのまんまなんですね。

 

VOIZ、活動終了へ

 デビュー前脱退など、あまりよいお話を聞けていなかったにじさんじ内グループのVOIZが、残念ながら本日付で活動終了となりました。

 所属ライバーのうち、成瀬鳴は「自分探しの旅」に出ていき(活動休止ではない?)、春崎エアルは以下で記しますが、「移籍」と相成りました。

 目に見える範囲での企業勢の解散はもしかすると初めてでしょうか……? いずれにせよ、「いずれ訪れるかもしれない日」はどのグループにもあり得る話。その日が来るまでに積極的に応援していきたいものです。

 

■今日見かけたVTuberデビュー情報

にじさんじSEEDs」2期生・第1弾デビュー

prtimes.jp

 SEEDs、増員。なんと2期生として新たに7名がにじさんじファミリーに仲間入り……と見せかけて、うち1人はVOIZの春崎エアルの移籍。本当に新規のライバーは6人です。

 しかもこれ、「第1弾」とのことなので、まだまだ増えるだろうというオチ。これ、年内にはにじさんじ全体で100人超えてもおかしくなさそうですね。