ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

「サンデー・ジャポン」キズナアイ生出演 まとめ

f:id:kadura-asada:20180715125704j:plain

 浅田カズラです。今朝の「サンデー・ジャポン」について、番組の内容や感想など書き残しておきます。

 

 バーチャルYoutuberトップランナーキズナアイが、TBSの朝のワイドショー「サンデー・ジャポン」に生出演しました。収録ではなく生。どうやってひな壇に立つのかといえば、鉄板のモニター配置。

 いよいよ未来が訪れてきましたね。テロップが「キズナアイさん(2)」と表示されているのも忠実すぎる*1

 

 サンジャポは典型的なワイドショーで、直近のニュースについてゲストのトークも交えながら、時に真剣に、時におもしろおかしく紹介していく流れを取っています。

 キズナアイもこのゲストの一人として登場し、「東京医科大学裏口入学問題」と「丸山桂里奈のお尻問題*2」についてコメント。

 裏口入学問題については、「バーチャルYoutuberも実力勝負の世界」という切り口から、はっきりとこの件に関する持論を展開していました。アイちゃんって真面目に話すときはめっちゃ真面目に話すんですよね。そういった真面目な姿勢か、あるいは「3Dの美少女が生身の人間のように反応している」ということへの驚きか、コメントだけでスタジオが少しざわついている感じがありました。太田は「ピンマイクはどちらに…?」と安定のボケっぷり。

 また、丸山桂里奈のお尻は「かわいい~!」と反応。MCの女子アナにも「タイプです!」とストレートに告白していて*3、女性陣からも「かわいい…」という反応が返ってくるなど、意外と女性の方が好感触に映ったのが印象的でした。

 一コメンテーターとしてのみならず、番組の途中ではVTuber特集が組まれ、「現在総数4000人を突破」という最新ニュースを交えながら、その先頭を走るキズナアイを良いベクトルで紹介していました。VTuber全体の概況と、キズナアイの現在の立ち位置に関して、短い時間で簡潔にまとまっていて、サンジャポメイン視聴者層*4にも比較的伝わりやすい内容だったように感じました。

f:id:kadura-asada:20180715130245j:plain

 「A.I.Party!」の取材中に出てきた「30代 絵師」もなかなかに2018年。

 

 収録中の反応を含めて、「リアルタイムでレスポンス可能」という点はかなりクローズアップされており、太田のいじり方含めてかなりポジティブな受け止めがされていた印象です*5

 正直、放映前はあまり期待していなかったのですけども、番組内での取り上げられ方、及び彼女の扱われ方は、想像以上に好待遇でした。アイちゃん自身も、これまでリアルイベントを多くこなしたおかげか相当にこなれていたおかげで、番組がスムーズに運んでいました。

 今回のサンジャポ出演は、「VTuberも地上波の一般的な番組に出演し得る」という実績を作り出せた、という意義があったとみなしてよいものでしょう。無論、番組ごとに最適な人選が必要ではありますが、「バーチャルだからリアルに出れないわけなどない」というインパクトとしては、今朝のサンジャポはベストな第一歩だったといえるでしょう。

 

 ちなみに、番組効果か「A.I.Channel」の登録者数も加速中。まもなく200万人にとどきそうです!

subscribercounter.com

*1:アイちゃんはAIだから生まれてからまだ2歳なのです。

*2:W杯予想が失敗したかなんだかでお尻にフォーカスしたえっちなグラビアを撮ったらしい。

*3:アイちゃんは基本的に女の子が好きです。

*4:田中の言葉を借りるなら「おじさんおばさん」。

*5:無論事前打ち合わせなどあったはずなのですが、まぁそれはそれとして。