ぶいぶいているろぐ

バーチャルな話題を主に記録していく、バーチャルはてなブロガーのブログです。(※アバターは『カスタムオーダーメイド3D2』によるものです)

MENU

「ぶいぶいているろぐ」開設から1年が経ちました

 おかげさまで、バーチャルブロガー・浅田カズラ、および当ブログは6/29に1周年を迎えることができました。日頃より読んでくださっている方、あるいはTwitterにて交流してくださっている方に、この場を借りてお礼申し上げたいと思います。いつもありがとうございます。

 個人的に感慨深いのは、このアカウント(バーチャル存在としてもブログとしてもです)が1年間生きてこれたこと以上に、VTuberVR/AR/MRのニュースなどを収集し、デイリーでまとめてお届けする……という活動を1年間続けてこれたこと。自分でも不思議です。というよりあっという間でしたね、この1年……

 というわけで、たまにはプライベートな振り返りでもしてみたいと思います。次なる一年に向けて、ちょっとくらいは整理の時間を入れてもいいかなって。

 

1年間ずっと更新してみて

 もともと「文章を書く」ということは多少なりとも得意分野でした。ブログ形式で仕上げることも慣れていました。しかし、「毎日更新する」ということは全くの未経験。果たして続けられるのか……いまもそうですが、始めたときは特に感じていた懸念でした。

 結果として振り返ってみると、定刻であるAM0時の更新からは遅れることはあっても、平日は毎日更新できてしまいました。自分でもここはびっくりしているところで、よく習慣化できたなぁ……とは思います。

 由持がために宇都宮へ前入りして完全にぶっ潰されてホテルでくたばりながら午前3時に更新なんてこともありましたねぇ! もはや執念って感じです。

 このあたりは土日の更新システムが大きいと思います。「ニュースが集まりにくいのでまとめてやったほうが効率的」という事情もあったのですが、おかげで土曜は実質休日になったんですよね。

 これないとかなり危うかったかもしれません。好きなこととはいえ、お休みを入れた方が続きやすい。このあたり、VTuber活動にも通じていそうな気もしています。

 

1年通して得られたこと

 さて、1年間も活動していれば多かれ少なかれ得られることもあるはず。というかそれがなければ今ごろ挫折しているでしょう。1年間この界隈を眺めてなにがわかったか。振り返ってみます。

Vの業界知識

 「果たして自分のどの程度知識が身につくんだ?」と実は最初の方疑ってはいたんですよね。「書いたそばから忘れそう」という懸念がありました。しかし、これが意外とおぼえていた。書いたそばから脳に記録されたのか!?と言わんばかりにおぼえていたんです。毎日の記録って、意外に記憶できるもんなんですね。

 そういう形でこの界隈についてはまぁまぁよく知ることができるようになりました。おかげで初対面の人とは「趣味はVRVTuberです!」と堂々と言えるようになりました。もちろん、実際に業界にいる方には遠く及ばないと自負しているので、「一般人にしてはよく知ってる人」みたいなポジションかなとは。

「この業界速度が早すぎる」という気付き

 そして知識以上に、「この界隈は異常な成長速度」という事実を知れたのが大きい。去年の夏とかみなさんおぼえてます? 時が加速してましたよね。これを知れたからこそ「毎日追わないとダメだわこれ」というある種の覚悟が生まれたような気がします。

情報の流れと集め方

 このブログを始めるまで「みんなどこで情報集めてるんだ!?」と不思議に思ってたんですよね。この活動を始めた動機は「Vの情報経路を知りたい」というのもあったりします。

 ひとまずVTuber関連でわかったこととしては、

  • 基本的には各メディアが鉄板。Mogura、PANORA、そしてv-tuber zeroはカタい。
  • なるはやでほしい場合は、VTuber事務所や各企業の公式Twitterアカウントがやはり早い。情報は一番正確。
  • とにかく早くキャッチアップしたい場合はVTuber本人。結構な確率で一次ソースになる。

 こんなところですね。いずれもTwitterがメインの情報流通コースになるのはたしかです。余力があるならPR TIMESなどのフォローもできればかなりつかみやすいです。あと、Twitterはリスト管理よりSlack集約。

毎日続けることの意味

 実は「毎日続ければね~」という手の話、まぁそうだろうなとは思いつつも実感したためしがないので、正直そこまで信じていなかったんです。でも、いまの自分を見ていると、「毎日続けることには大きな意味がある」って胸張って言えます。本当に塵って積もるんですね。それが知れたの、すごい大きい。

このブログそのもの

 僕は、このバーチャル界隈における最強のデータベースを作りたい、という野心があります。1年経った今、このブログはその目標にちょっとだけ近づいているような気がします。だって僕自身、「そういやあの話…」ってこのブログ検索しちゃってるんです。おかげで広がる話題もあったり。

 情報は積み上げることに意味がある。データベースとしてはまだまだ未完成。よってまだまだ積み上げていく所存です。

 

次なる1年に向けて

 1年間という期間見ていてこのごろ感じているのは、VTuberブームはまず「最初期のブーム」は通り過ぎたということ。雨後の筍のごとくデビューするという時期は過ぎ去りましたし、合わせて関連サービスの立ち上げラッシュや、スタートアップの設立もだいぶ落ち着いてきています。

 これを指して「VTuberはオワコン」という論調も出てきましたねぇ。しかし実際としては、最初の立ち上げを越えて安定期に入ろうとしている時期かなと、出てくるニュースを見ていると思います。事業拡大に、収益基盤の確率。腰を据えていく時期に差し掛かっているように見えます。

 とはいえ、この業界はまだまだ発展途上で、みんなが手探りで進んでいる中だと思います。ゆえに時としてすさまじい加速や爆発が起きるのだと思います。だからこそ、この世界を見ているのがすごい楽しいんですよね。

 次なる1年がどうなるかわかりません。当ブログはこれからも、VTuberVRを世界の、その尾っぽを追い続けていく所存です。どうぞみなさまもご贔屓のほど、よろしくお願いいたします。